bhaus' blog since Feb. 2004
日本でビデオポッドキャスティングはブレイクするか。
a0000104_3265417.jpg

 ポッドキャスティングとはネットで調べればわかることだが、簡単に言ってしまえば「iPodで持ち運べるインターネットラジオ番組」てカンジ。

※参考:
 IT用語辞典 e-Words の解説:ポッドキャスティング
 フリー百科事典 Wikipedia の解説:ポッドキャスティング

 アップルコンピュータの未曾有のヒット商品iPodの「Pod」と、放送の「ブロードキャスティング」という言葉の合成語なので、iPodでしかそのサービスを受けられない誤解を招いたりするが、音声放送に関してはMP3フォーマットが主流なので、MP3プレイヤーであれば同様に持ち運びする(通勤・通学中に聴く)ことが可能だ。

 日本ではこの言葉が普及する前に「インターネットラジオ」という語が出現し「ブログの音声配信版」的な扱いで、放送のプロではない「素人」たちの番組も2~3年前くらいからネットに登場。今では企業やタレントなどがラジオ番組よろしくネット放送をするまでに至っている。

 だが、まだポッドキャスティングの「リスナー」は多くはない。何をして「多い」と表現するかは微妙なところだが、ポッドキャスティングに興味のある人間は自ら番組を作成しているか、一部のメジャータイトルしか聴いていない傾向があるようで、たとえば会社の人間に「ポッドキャスト知ってる?」という問いかけをした場合、職場の1割以上が「知ってる」と答えるところは少ないのではないかと思う。まあ、現在大手広告代理店やマスメディアなどが手をつけ始めているので、聴いたことはなくても知ってるという人間は増えるとは思うけど。



 そんな現在、海の向こうではビデオポッドキャスティングが話題を呼んでいる。らしい。「らしい」というのは話題となっている番組の絶対数が少ないからなんだが、ダントツ人気は「ROCKETBOOM」という3~5分のコミカルよろずニュース番組だ。

 本家Rocketboom
 日本語字幕のついたロケットブームジャパン(β版)

 テレビドラマのチョイ役(一部レギュラーもあったらしい)をこなす美人女性タレントのアマンダ・コンドンが番組ホストとなって、コミカルに「主にネットで取り沙汰されているニュース」を発信している。正にアメリカ的ブログの映像版だ。彼女と共同脚本を書いているプロデューサーと、数名のスタッフのみで制作しているこの番組は口コミで人気を呼び、現在では一日20万アクセス近い番組となっているらしい。

 テキスト→音声→映像という流れは「情報配信」という世界に於いては自然な流れではあるのだが、では果たしてテキスト主体のブログ同様、ビデオログ(Vlog/ビデオポッドキャスティング)は流行するのか。しかも日本で。個々人が映像コンテンツを共有サイトにアップロードするYouTubeもそうだが、映像配信サービスに関して日本はアメリカに遅れをとっている。言い方を変えれば、アメリカの例に学んで次なる映像番組を作ることも夢ではない。と思った人はそれなりにいるようで、日本でも各地でセミナーやら勉強会やらが繰り広げられているようだ。

 結論を言えば「日本でもVLOGは流行ると思うがロケットブームのような番組は当分登場しないだろう」と私は考える。ロケットブームみたいな番組が全てだとは言わないが、極論を言えば「リラックスして一日20万人もの日本人が見たくなる番組」が誕生する可能性は低いということだ。まず、ロケットブームのような番組というものはどういう番組か、私なりに特徴を上げると…

1)アンカー・ウーマン(取材もこなす女性司会者)が美人
2)ユーモアあふれるトーク
3)変わり種ニュースを土日を除く毎日更新
4)編集センスの良さ

 4に関しては観念的な部分もあるので一概には言えないだろうが、1~3に関しては多くの人が納得するだろう項目だ。これに匹敵する素材が今の日本にあるかと言われれば微妙。記事の内容などでは面白いものは多いが、見栄えやトークまで手が回るかとなると難しいだろう。加えて最低限のIT知識や、ネット社会の情勢などもそれなりに知っていないと、スグに突き上げを食らうことになりかねない。同じような番組が他の国で誕生するとすれば、ユーモア発祥の国イギリスか、エスプリ発祥の国フランスが可能性として高いような気もする。

 では、日本ではどのようなVLOGが流行るのか。これも勝手に予想してみると…

1)アイドルブログの映像化(眞鍋かをりや中川翔子あたり手をつけそう)
2)専門的ニュース(ペイパービュー・ニュースの簡易版)
3)面白いおっさんの語り(これが強いて言えばロケットブームに近いかもしれない)
4)FLASHアニメの延長線(最近ではラレコ先生の「くわがたツマミ」とか)

 こんなところだろう。そこに割り切って制作リソースを投入し、なおかつ毎日更新すれば、少なくとも日本かアジア諸国くらいまでには流行する可能性はあるだろう。ただ、マスメディアに絡んだことのない素人がブームの火付け役になるのは4のケースか、奇跡的に3のケースくらいしか考えられない。
 海外にまで人気を呼ぶ番組を作ろうとする意欲は至るところで散見されるが、その域に行くには…

1)元テレビ局かラジオ局で活躍していた女性アナウンサー
2)IT知識が豊富なスタッフ(あるいは本人)がいる
3)編集に「こだわりすぎない」

という要素が揃えば可能性はなくもない。
 音声番組ですら、それなりに面白いものを制作しようとすると手間暇がかかる。加えて映像となると、その編集工程は音声番組以上の工数がかかる。これにハマると「毎日更新」という、サイトアクセスを増やすための基本条件を満たすことができなくなってしまう。1~2年続ける程度であれば、それこそテキストブログでもよく見られる「元風俗嬢の赤裸々な告白」をキワドい映像を交えて展開すれば一気に人気コンテンツは作れるだろう。だが、もっと長い期間、ネタギレしないで番組を続けたいのであれば、素人は素人なりに考えないと難しい。

 まあ、一視聴者としては現在はロケットブームの日本語字幕付きで十分楽しめるので別に構わないんだけどね。

※参考記事:
 Wired Newsの記事(2005年7月13日付):
 「ビデオ+ブログ『ブイログ』が流行の兆し」
[PR]
by bhaus | 2006-06-06 04:18 | [サイト]
<< ネットの上の動画像。 ネームカードキャンペーン。 >>



なんとなくアーカイヴス。
by bhaus
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
現在、当ブログは更新凍結状態です。経緯はこちらのエントリを参照してください。

メインサイト
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
貧相な最強飯
from B級グルメ食いつくし
タカラ 「フルアクション..
from 湘南のJOHN LENNON..
『地球へ・・・』(1980)
from 【徒然なるままに・・・】 b..
SS「ヴァーチャルハイド..
from 朕竹林 ~ネットはテキストだ~
日本語テスト
from もと読書記録゛(どくしょきろぐ)
1月30日号
from 日刊エキブロ新聞
足跡残しておきますね♪
from お邪魔します☆
au、「Hello Me..
from [K]こあら日記
Apple Specia..
from DESIGN HUB
キヤノン新製品内覧会へ行..
from 衝動買いはやめられない!デジ..
タグ
お気に入りブログ
山村幸広の一日、一グラム
見てから読む?映画の原作
英国写真とF1
おやじのたわごと
イオリのキエフに住んでる...
映画・読書日記
Yセツリサイタル
TURN!TURN!TURN!
女プログラマってどうよ?
(左)阪神日記
ほれみたことか
読書記録゛(どくしょきろぐ)
自動販売機と地域経済
夢見るかえる 
十勝の空から
★浪花お好み焼き三昧★
「つれづれオオサカ(仮)...
UK Style
しがないOLの日記
裏口
ニ ノ チ カ
英国庭師日記(重度自閉症...
新・日々戦争
宇柳貝四方山話
CX日テレ渋谷
インターミッション~ 幕...
のんびり日記 まんが編
絵日記 一日一絵
奄美大島☆撮影日記
Omorism ;-) ...
ご利用はご計画的に。
香港に居るよ
+0401Fool
英国家族日記
空の俺
飯田和敏,犬飼博士,NK...
海の向こうで。
ネットは新聞を殺すのかblog
:..: めもにっき。:...
地球と宇宙の画像 惑星テ...
明日は、晴れかな。
すぎエモンのITコラム
山崎絵日和 黎明編
直撃を受けているのか!?...
映画監督 横山博人ブログ
今週の東京エイティーズ
おバカなサイトをコレクション
English Haiku
TAKUのなんか言いたい
エキサイト!!廃人クラブ
Miss Keio Co...
かたすみの映画小屋
久遠電脳blog
ペペロンチーノのひとりごつ
はまぞうさん
ボスの日記
移動する羊たちの呟き
横浜エイティーズ
写心楽
でじたる渋谷NEWS
DeepSky(星雲・星...
=この道はいつか来た道=
羊 頭 狗 肉 屋
柳*暗*花*明*
昼食kiss
樹元オリエ公式ブログ『ペ...
Illustrator ...
ニュース・ワーカー
やがて血となり肉となる
.:: 魔改公子的夜星殿...
株式会社ラセンス-カネコ...
shuin
art unit Tin...
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism