bhaus' blog since Feb. 2004
カテゴリ:[芸能]( 83 )
特別公演『池袋モンパルナス』無事終幕!
a0000104_21403372.jpg

 もうここんところこっちのブログは全然更新していないね。楽しみにしている人いたらごめんね。実はSNSの日記だけでなくて、某新聞社系のブログも密かに更新してたりしてね。それとBHUのブログでしょ。そりゃ更新頻度も減るわいね。でも、劇団のリンク経由だと、劇団のお客さんはこれ見に来るんだよね。経路解析とかしてもそうだしね。

 ということで、今回の特別公演の裏話とか書いてみようか。(続きはリンクをクリック!)
[PR]
by bhaus | 2006-06-27 22:06 | [芸能]
公演無事終了!
久しぶりに大評判の『いの奥山今日越えて』が無事終了しました。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
次は6月25日の『池袋モンパルナス』再演です。
[PR]
by bhaus | 2006-04-24 19:46 | [芸能]
初日明けました!
a0000104_0513993.jpg

いよいよ舞台『いの奥山今日越えて』が開幕しました!
初日からお客様の反応も上々です。土曜夜、日曜昼以外はまだお席に余裕がございますので、よろしかったら観に来てください!
[PR]
by bhaus | 2006-04-21 23:51 | [芸能]
そろそろ次回公演のご案内をば。
a0000104_15203335.jpg

 いい加減チケットを売らねばなりません。
 今回は劇団ジャムジャムプレイヤーズの春公演のお知らせです。

劇団ジャムジャムプレイヤーズ第20回公演
『いの奥山今日越えて』作・演出:小竹達雄
http://park19.wakwak.com/~jamjamplayers/

 今回はある意味ファンタジーな内容になっております。5年前に上演された作品の再演ですが、当時のメンバーは今では2人しかおらず、以前どこかでご覧になった方におかれましても新鮮な作品としてお楽しみいただけるかと思います。

 簡単に言ってしまえば「イノシシたちの物語」です。も少し補足すると「愛するもののために命をかけた曲がれないシシたちの物語」なんです。ほどよく笑えてほどよくしんみり。アクションシーンもジャムジャムとしては「満載」です。

 私は「かつて人間に飼われたことのあるイノシシ・イオタ」の役で出演します。人間に飼われてたということで、標準語は喋りません。そんなところも新鮮に感じていただければ幸いです。

4月21日(金)〜23日(日)
新宿シアターモリエールにて
http://www.theaterguide.co.jp/theaterinfo/tokyo/shin_jyuku/morier_h.html

当日3000円・前売2500円 全席自由
21日(金)19:00開演
22日(土)14:00開演/19:00開演
23日(日)13:30開演/18:00開演

 これまた当日慌てて来られると入場できない恐れがありますので、メールなどで私までご予約いただければ幸いです。みなさまのお越しをお待ちしております。
[PR]
by bhaus | 2006-03-30 15:23 | [芸能]
すっかりご無沙汰。
a0000104_2182316.jpg
 公演が終わってからこっち、このブログは放置状態で、ここでしか接点のない方は一体どうしたことかと思われているかもしれないが、何と言うことはない、別のサイトでこのブログみたいなことをしていたのだ。

 関心空間:BRAVO30000W!の空間

 こちらのブログでもいろんなサービスやらガジェットやら映画やら音楽やら取り上げてきたが、そもそもはこの関心空間でやっていたことで。こちらが当時500キーワードで頭打ちとなっていたので、その要素がこっちのブログに移ってきたようなものなんだな。で、昨年暮れからキーワード数が青天井になったと知ったものだから、またしても登録を始めたというわけだ。

 とはいえ、こちらも放置したままでは寂しい限り。久しぶりにエントリーを登録しよう。

 昨年あたりからFLASH空耳アニメで奇跡の再注目を浴びることになったドイツのバンド『ジンギスカン』だが、何と再結成して来日することになったらしい。完全に日本向けのみの再結成のような気もするが。

VIBE-NET.COMの記事(2月22日付):「Genghis Khan ついに来日決定!」

 20年ぶりの再結成ですよ奥さん。凄いよなあ。あの中心で踊ってた人は未だに踊れるんだろうか。彼らの歌では『ジンギスカン』と『めざせモスクワ』くらいしか知らないぞ。後者はFLASHでさんざんいじられたし、前者は全世界的にインパクトのあった歌だから観客側も凄いノリになるだろうけど、他の曲はどうなんだ。

 と思って調べてみたら、何と既に昨年12月にモスクワで再結成済みなんだな。別に日本に限った再結成ではなかったんだ。オフィシャルサイトまでできてるぞ。

ジンギスカン・オフィシャルサイト:Offizielle DSCHINGHIS KHAN Site

 凄いぞ成吉思汗。ということで、おさらいもかねて、80年に発売されたグレイテスト・ヒッツの曲目を並べてみよう。

SIDE/A
1.インカ帝国 Machu Picchu
2.ハッチ大作戦 Hadschi Halef Omar
3.さらばマダガスカル Madagaskar
4.カスパル・ハウザー Kapar Hauser
5.男と女 Mann und Frau
6.宇宙からのメッセージ Die Fremden
7.めざせモスクワ Moskau

SIDE/B
1.栄光のローマ Rom
2.コンチキ号の冒険 Kontiki
3.女豹のように Tiger, Tiger
4.キャプテン・ネモ Käpt'n Nemo
5.シェラネバダ Sierra Nevada
6.サムライ Samurai
7. ジンギスカン Dschinghis Khan

 カスパル・ハウザーだのシェラネバダだのサムライだの言ってても「男と女(原題直訳)」は外せなかったんだな。

 アマゾンでも大量に発売されてるぞ。凄いぞジンギスカン。あと1年早かったらジンギスカン鍋とセットでもっと盛り上がったのにね。
[PR]
by bhaus | 2006-02-22 21:09 | [芸能]
公演無事フィニート!
 BroaderHausUnit 第10回公演「職業、シュヴァイツァー」ご覧いただいたみなさま、ありがとうございました。
 おかげさまで、4ステージ無事フィニート(終了)いたしました。今まで以上に多くのお客様に楽しんでいただけたようで何よりです。
 次回、BHUとは8月に同じ劇場・東松原ブローダーハウスでお会いしましょう。

 次回公演は8月26日・27日、タイトルは「あ、ドヴォルザーク先生」です。お楽しみに!
[PR]
by bhaus | 2006-02-12 22:48 | [芸能]
今週末の公演の予約状況。
 もうほぼ満席状態です。
 土曜日の15時・18時の回、および日曜日の14時の回は予約いっぱいとなりました。当日予約なしにふらりと来ても入場できない可能性が高いです。予めご了承ください。

 なお、日曜日17時の回はまだ若干余裕がございますが、予約されないと入場できない恐れがあります。ご注意ください。
 また、ご予約されたお客様でも、当日開演時刻を過ぎた場合、入場できない恐れがあります。1階アトリエ部分は開演の1時間前から、劇場への入場は30分前から開始しております。なるべくお早めのご来場をお願いいたします。
[PR]
by bhaus | 2006-02-07 21:18 | [芸能]
こっちに宣伝しとくの忘れてました。
a0000104_1791714.jpg

 すっかり忘れてた。2月に見勢物(みせもの)公演やります。

Broader House 企画 劇場柿落とし公演
ブローダーハウスユニット第10回公演

職業、シュヴァイツァー

作・演出:岡見文克
出演:おかみふみかつ・金塚征志
2006年2月11日(土)・12日(日)
11日 15:00/18:00開演
12日 14:00/17:00開演
於・東松原Broader House
(京王井の頭線東松原駅下車徒歩1分くらい)
前売・当日とも1500円
 
 今までのBHUのコントライヴというよりは、その前に上演した『ソラ・カラ・ミテタ』『しようがないひと』『ベンジャミン』なんかに近いカンジ。コントのときにやってたネタもちょろっと出ます。コントでも演劇でもない「見勢物」です。って言っておかないと、演劇にうるさい人とかが明後日のサジェスチョンしてくるんで。

 現在メール(リンクをクリックしてメーラーが起動します)にてご予約を承っております。50人入ると満杯の劇場なんで、極力予約してご来場ください。ご予約に際しましてはメールに、代表者のお名前、予約される日時、ご来場される人数、メールアドレスを銘記しておいてください。

 あと、当日も開演時間以降に来られると入れない場合があるので開演時間より前に来てくださいね。
 詳しくは特設ブログ(http://bhunit.blogspot.com/)をご覧ください。
[PR]
by bhaus | 2006-01-25 17:15 | [芸能]
性器の一人芝居、アメリカ対イスラエル。
 駄洒落ではなく、本当に性器が主人公の一人芝居の話。数年前アメリカで上演された女性器の独白というスタイルで演じられた一人芝居『ザ・ヴァギナ・モノローグス』のヘブライ言語版が成功したのをきっかけに、イスラエルの劇作家が男性器を主人公にした一人芝居『ザ・ホーリー・ファルス(聖なる男根)』という戯曲を書き、上演したというお話。

エキサイト 世界びっくりニュース(ロイター)の記事(8月3日付):
「イスラエル人劇作家の「ヴァギナ・モノローグ」への回答」

 アメリカ発の『ヴァギナ・モノローグ』は世界中で翻訳され上演されているが、果たして本作品はそこまで人気が出るだろうが。
『ヴァギナ・モノローグ』がどのような作品かご存知ない方は、日本版公式サイトをご覧いただくか、アマゾンの書評を読めば、何となくどんなものかわかるだろう。フェミニズム著しい風土が発した作品に対して、神の国が答えた「男の作品」はどのようなものなのか、見てみたい気もするし、見たくない気もする。

 舞台俳優にとって一人芝居を演じきるのは一つの自信にもつながるとは思うが、この作品はちょっと演じるにはそれ以前の自信が必要になるかもしれない。
[PR]
by bhaus | 2005-08-03 23:53 | [芸能]
押し付けがましくない作品こそ珠玉の見世物ではないのか。
 まあ、私個人が映画や舞台で声高にテーマを代弁したり、観客に示唆したり、悪戯にドラマチックになるのを好まないというのもあるが、この週末は舞台と映画(DVD)で久しぶりに感動した作品に出会えた。

 一つはスケアクロウズハットの公演『はるかな国の童子たち』
 ウィリアム・サローヤンの小説をいくつかかいつまんで戯曲化した作品を上演したのだが、その邪気のなさに心洗われたというか、見事なまでの演出に心動かされたというか、それこそ大きな「事件」も起きなければ、スリルもサスペンスもラブロマンスもアドベンチャーもない。なのに、目が離せない上に、最後にはホロホロと泣けてしまう。

 万人に薦めるかと言うと微妙だが、私が見たかった空間がそこにはあった。タイトルからだけでは恐らく見に行かなかったと思うが、とある友人が誘ってくれたので、この感動を得ることができた。彼には本当に感謝したいと思う。
 では、この雰囲気は舞台でしか味わえないかというとそうではなく、昨晩見た映画(DVD)が正にそれに近かった。

MOVIE Watch のシネマプレビュー:『24時間4万回の奇跡』

 1999年の作品なので既に記憶から薄れている人も多いかと思うが、これまた淡々と進む映画だった。系統で言えばアキ・カウリスマキ監督の喜劇作品に近いものがあるのだが、それよりも意外にテンポ良く、それでいて押し付けがましくない。まるで観客は、この映画に出てくる家族の生活を覗き見しているような錯覚すら覚える。

 映画や演劇に確固たるテーマや事象やメッセージを求める人たちには上記2作品は受け入れ難いかもしれない。1時間や2時間でハッキリと起承転結が定まったドラマの方が世の中多いから致し方ないとは思うのだが、「ここが見せ場だぞ」とか「ここが泣き所だぞ」とか「ここで笑って」というような作り手側のお膳立てが見える作品も増えてきたような気がして、そういうのに飽き飽きしていた私としては、先の読めない中国ドラマか、上記2作品のような「面白い空間をそのまま切り出してきた」ような作品が、何よりも素晴らしく見えるのだった。

 商業的要素に乏しいので、この国でそういったものを売ったり、それで生活したりするのは難しいと思う。でも、そういう商業主義的作品に潰されないで、珠玉の見世物を作り続けて欲しいと思うのだ。
[PR]
by bhaus | 2005-08-01 02:23 | [芸能]



なんとなくアーカイヴス。
by bhaus
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
現在、当ブログは更新凍結状態です。経緯はこちらのエントリを参照してください。

メインサイト
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
貧相な最強飯
from B級グルメ食いつくし
タカラ 「フルアクション..
from 湘南のJOHN LENNON..
『地球へ・・・』(1980)
from 【徒然なるままに・・・】 b..
SS「ヴァーチャルハイド..
from 朕竹林 ~ネットはテキストだ~
日本語テスト
from もと読書記録゛(どくしょきろぐ)
1月30日号
from 日刊エキブロ新聞
足跡残しておきますね♪
from お邪魔します☆
au、「Hello Me..
from [K]こあら日記
Apple Specia..
from DESIGN HUB
キヤノン新製品内覧会へ行..
from 衝動買いはやめられない!デジ..
タグ
フォロー中のブログ
山村幸広の一日、一グラム
見てから読む?映画の原作
英国写真とF1
おやじのたわごと
イオリのキエフに住んでる...
映画・読書日記
Yセツリサイタル
TURN!TURN!TURN!
女プログラマってどうよ?
(左)阪神日記
ほれみたことか
読書記録゛(どくしょきろぐ)
自動販売機と地域経済
夢見るかえる 
十勝の空から
★浪花お好み焼き三昧★
「つれづれオオサカ(仮)...
UK Style
しがないOLの日記
裏口
ニ ノ チ カ
英国庭師日記(重度自閉症...
新・日々戦争
宇柳貝四方山話
CX日テレ渋谷
インターミッション~ 幕...
のんびり日記 まんが編
絵日記 一日一絵
奄美大島☆撮影日記
Omorism ;-) ...
ご利用はご計画的に。
香港に居るよ
+0401Fool
英国家族日記
空の俺
飯田和敏,犬飼博士,NK...
海の向こうで。
ネットは新聞を殺すのかblog
:..: めもにっき。:...
地球と宇宙の画像 惑星テ...
明日は、晴れかな。
すぎエモンのITコラム
山崎絵日和 黎明編
直撃を受けているのか!?...
映画監督 横山博人ブログ
今週の東京エイティーズ
おバカなサイトをコレクション
English Haiku
TAKUのなんか言いたい
エキサイト!!廃人クラブ
Miss Keio Co...
かたすみの映画小屋
久遠電脳blog
ペペロンチーノのひとりごつ
はまぞうさん
ボスの日記
移動する羊たちの呟き
横浜エイティーズ
写心楽
でじたる渋谷NEWS
DeepSky(星雲・星...
=この道はいつか来た道=
羊 頭 狗 肉 屋
柳*暗*花*明*
昼食kiss
樹元オリエ公式ブログ『ペ...
Illustrator ...
ニュース・ワーカー
やがて血となり肉となる
.:: 魔改公子的夜星殿...
株式会社ラセンス-カネコ...
shuin
art unit Tin...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism