bhaus' blog since Feb. 2004
カテゴリ:[モノ]( 493 )
103インチで600万円のテレビ。
a0000104_1953272.jpg 今月10日頃に北米市場で103インチのプラズマテレビの受注販売をするという報道を目にしたが、日本での目標販売台数は年間100台ほどだった。

 ITmedia +D LifeStyle の記事(7月19日付):
 「“世界最大”103V型のプラズマ「VIERA」が登場」

 現在、世界最大サイズのテレビのお値段はなんと600万円。企業のショールームやらイベントスペースやらでの発注はわかるが、個人での発注も見越しているらしい。小型乗用車が5~6台買える価格のテレビを誰が買うのか。まあ、お金持ちなんでしょうけど。日本のお金持ちは大概仕事の虫で、そんなテレビを見るヒマもないんじゃないのか。ああ、家族が見るか。そんなテレビを見て育った子どもは将来どうなってしまうんだろう。

 別のブログでも少し触れたが、たとえば103インチで見るテレビ番組のインパクトを想像してみるといい。等身大の人間を表示しても膝から下が見えなくなる程度だ。映画や景観の美しいドキュメンタリー番組などを見るのはいい。百歩譲って大河ドラマやスポーツ中継でもいいだろう。

「103インチで見る囲碁教室」

 碁石デカいデカい。碁盤デカいデカい。

「103インチで見る株式市況」

 グラフデカいデカい。景気の浮き沈みを身体で感じることができるんじゃないか。

「103インチで見る砂の嵐」

 文字通り砂の嵐っぽいかも。何か見えちゃうかも。ちょっと怖いかも。カラーバーとか試験放送とかも迫力満点。個人的には加藤ローサを103インチで見たらメロメロになっちゃうと思う。
[PR]
by bhaus | 2006-07-19 19:22 | [モノ]
PDAでも携帯でもPCでもない新型W-ZERO3。
a0000104_159482.jpg
 敢えてカテゴリ分けするとしたらハンドヘルドPC未満PDA以上ということになるのか。もう、このブログ以外のところで散々書き尽くしてしまっているので特に真新しいことも書けないのだが、いろいろ書いたり話を聞いたり開発者の話を読んだりして気づいたのが、今日日の携帯端末にしては周辺機器が充実しているというところ。

※参考:ウィルコムショップ・W-ZERO3 [es]/WS007SH

 現在開発中ということで最終的にどの周辺機器が出るかは今の時点では何とも言えないが、Bluetooth、無線LAN、モバイルプリンタ、プレゼンテーション機器、バーコードリーダー、ワンセグチューナーなどが開発中らしい。これは考え方によっては賢明で、最近の携帯電話などはいずれかの機能があるかないか、あるいは全部入りで価格が高くなっているかというところで、消費者側が好むと好まざるとに関わらず使わない機能の付いた携帯電話を使う羽目に陥ることも珍しくない。そう考えるとウィルコムは良心的とも思える。

 携帯端末に限らないが、オプション対応で「後付機能」を作るのはそんなに難しくはない。ところが採算性が各オプション毎に問われることになり、最初から機能付きのものに比べて割高になってしまうケースがある。メーカー側としては下手に在庫を抱えたくないために、よほど長期的に売り続けるモノか、共通パーツの多いものでない限り、オプション生産は避けて通りたい道のはずだ。ところがウィルコムは消費者側の「必要な機能だけ選びたい」というニーズを優先させた。これでコストがかなり抑えられたものが発売されたら、ウィルコムの株は上がることだろう。

 意欲的なマーケティングをしていると思われるウィルコム。新型W-ZERO3も前任機種でユーザーから出た不満点をほとんど潰したと言われている。その本気度合いが果たしてどこまでユーザーに届くか。陰ながら応援したい企業である。
[PR]
by bhaus | 2006-07-06 15:25 | [モノ]
トランシーバーに憧れた少年時代。
a0000104_1445194.jpg 厳密に言えば、子どもの頃に一度憧れ、次に車の免許を取得して、友達と何台かの車で出かけられる頃、トランシーバーが無性に欲しかったことがある。記憶が正しければ、幼い子どもの頃はゴツいトランシーバーのセットを買ってもらって、ちょこっと交信して飽きてしまったと思う(お父さん、ごめんね)が、それに懲りたのか、大人になってからは欲しくとも買うまでには至らなかった。

 今や腕時計のサイズ(と言っても、腕時計にしては大きそうだが)におさまるトランシーバーが登場した。

 I Want One Of Those(通販サイト):Walkie Talkie watch

 前回の冬季オリンピックでノルウェーのチームが使っていたという(らしい)一品。8チャンネル、38サブコード、計304の識別チャンネルを扱える。日常生活防水。通信距離最大3km。お値段はペアで100ドル弱。段々大人になって、専門職以外使い途がなさそうなトランシーバーではあるが、敢えて購入して、無理矢理アウトドア派に転向するのもいいかも(既にアウトドアの人は立派なトランシーバーを持っていそう)。

 私なんぞ、ほとんど使い途がなさそうなのだが、このギミックには惹かれるものがある。
[PR]
by bhaus | 2006-07-06 14:17 | [モノ]
骨伝導ってどうなの。
a0000104_4241240.jpg ボーダ孫じゃなかったボーダフォンで一頃話題になった骨伝導対応の携帯電話ってあったが、あれの話題をさっぱり聞かないな。それ以外にも、骨伝導ガジェットはいろいろ発売されているみたいだけど、今ひとつ盛り上がっていない気がする。

 ITmedia +D LifeStyle の記事(6月29日付):
 「ペガソ、防水仕様の骨伝導ヘッドフォン」

 今回は防水を売りにした骨伝導ヘッドフォンだ。製品サイトにも書かれているが、実は骨伝導ガジェットは水中のような場所で効果を発揮する。地上では個々人の骨格の違いや、周囲の騒音などによって、実際期待していたほどの効果を得られないケースというのがあるらしい。いろんな評価サイトで語られていたことなので、実証した結果を述べているわけではないが、どうやら骨伝導ガジェットは使う場所を選ぶらしい。

 防水仕様の音楽プレーヤーとしては最近では Freestyle Audio のMP3プレーヤーが宣伝されていたが、これはイアーパッドがちょっと弱いらしい。これに後付で骨伝導ヘッドフォンを付けることができたらベストなんじゃないの、ひょっとして。トータルコストがやや高くつきそうだけど、そういうコラボレーションはないのかね。お互い知らないだけなのかね。

 それにしても骨伝導ガジェットのレビューは少ないよなあ。ネタ的には申し分ないのだが、もう一つ手が出ないのはなぜだろう。
[PR]
by bhaus | 2006-07-01 04:34 | [モノ]
ポータブルレコーダーのニーズ。
a0000104_2229975.jpg
 物欲系のネタがしばらくなかったのは良かったが、今になってまたこんなものが欲しくなってきてしまった。

 「Roland EDIROL R-09」

 ポータブルレコーダー、つまりはコンパクトな録音(再生)機だな。価格はオープンプライスだが、実勢価格は38,000円前後と決して安いものではない。同類の他社製品と比べても、高級機に比べれば安いが、一般ユース機と比較すると平均よりやや高めに見える。でも、いろんなところでこの製品を「褒める」記事を見てしまったものだから物欲が止まらない。アイ・キャント・ストップ・物欲。

 デジタルARENAの特集(6月23日付):
 「ローランドの「EDIROL R-09」と行く“生録全国ツアー2006”」

 AV Watchのコラム(6月14日付):
 「小寺信良の週刊「Electric Zooma!」第261回」

 同コラム(2月13日付):
 「藤本健のDigital Audio Laboratory 第223回」

 AVガジェット系評論家の大御所たちがこぞって冷静に褒めている。ああ、私はいつから大御所の言葉に弱くなってしまったのか。

 では一体、このガジェットを私は何に使うのか。

「(舞台の)本読みを録音して台詞覚えを早くする」

 ほとんどそれだけの理由だ。今年は公演数も多く、再演作品があるから台詞覚えも特に問題ないものの、限られた時間の中でやる稽古では新作の場合、前半のかなりの時間を台詞覚えに割かれてしまう。台本を片手に立ち稽古というスタイルが珍しくない。でも、そろそろそれも限界が来たのではないかと思ったのが2月の自分ところのユニットの公演。自分で書いた台本がなかなか覚えられず、かなり四苦八苦したのだった。これはもうボイスレコーダーを買うしかないなと思い立ったのだが、そんなときこんな余計な情報を目にしたものだからたまらない。

「いろんな音源を収録すりゃいいじゃん」
「ポッドキャスティングにも使えるじゃん」

などと、浜っ子ライクな悪魔の囁きが耳元で聞こえるようだ。まあ、この製品、この市場においてはかなりの人気商品らしく、目下品薄状態だそうだから、今度お店に行って買えなかったら買わなきゃいいじゃん、と無理矢理自分を納得させたりする始末。

 そうなんだ。確かに今日日の携帯電話とかでも簡単なボイスレコーディングくらいはできるんだ。それで対処したっていいんだ。でも、こういうモノを見てしまうとムラムラする。ああ、どうしたものか。
[PR]
by bhaus | 2006-06-28 22:46 | [モノ]
久しぶりに書くのは、やはりアップルの新製品について。
a0000104_2342555.jpg

 いや、特に詳しく書くつもりもないんだけど。アップルの製品サイト(http://www.apple.com/jp/macbook/macbook.html)に行けば全部わかることなんで、野暮なことを書くつもりもないんだけど。

 欲しい。今家にあるG3iBookはほとんど動いてないんで、買い換えても結局使う機会はそんなにないのかもしれないが、それでも欲しい。特にブラックのMacBookね。これかっちょいい。スペックもかなりのものなのに、15インチMacBookProの最安値構成より7万円近く安い。これ欲しい。もうプレインストールされてるソフトで十分楽しめるし。ホビーユースにはもうこれで十分だし。ああ、大変だ。どうしよう。
[PR]
by bhaus | 2006-05-16 23:46 | [モノ]
こっちはホントごぶさたね。PS3の話題でもひとつ。
 本当にごぶさたさん。仕事が忙しくなったのと、関心空間に入り浸っている手前、ここへの書き込みが本当に少なくなってしまいました。流石にほとんどの方はRSSリーダーなりで更新のお知らせがない限り見に来ないようになっているようだけど、それでも毎日50〜70アクセスされているようで、何の進展もなくて楽しみにしている人(がどのくらいいるかわからんけど)には申し訳ない。

 ということで、表題の件。昨年は「2006年春に発売か?」と噂されたPS3だが、結局はこの時期に決まったようで。

+D Games の記事(3月15日付):
「プレイステーション 3は2006年11月上旬発売——日米欧同時」

 これもあってXbox360を買い控えていた人がどの程度いたかはわからないが、少しはXbox360ユーザーが増えるのかな。それ以前にPS2でも面白そうなゲームはまだ出そうだから、そっちを買うのかな。はたまた話題の携帯ゲーム任天堂DS Liteでお茶を濁すのかな。いずれにせよ、今年は今までのゲーム業界とは動きが変わってきそうな予感。

 PSPは過去のPSの名作再販とオプション類で場つなぎ攻勢に出るも、楽観的な数字は期待できない。PS2はこの春越したら話題作が激減して市場が停滞しかねない勢い、GCはさておき、Xbox360はここがチャンスなので一発キラーソフトを出しておきたいところ。「D.O.A.」や「ランブルローズXX」に頼らない、純粋なオリジナル・ゲームでアピールできれば結構イケるかもしれない。

 バカ売れしているNDSだが、品薄状態で消費者からの不満の声も上がっているが、そんな状況もGW前までには一段落つくだろう。それ以降に「一般ユーザー」が普通に楽しめるゲームがどれだけ出せるかにかかってくるんだろうな。「一般ユーザー」というのは「nintendogs」や「脳を鍛える」シリーズあたりで楽しめるユーザーのこと。「マリオカート」や「どうぶつの森」はまだ「一般ユーザー」向けとは言えない。でもなあ、そもそもゲーム機は「一般ユーザー」向けではないからなあ。
[PR]
by bhaus | 2006-03-15 18:47 | [モノ]
日本を意識してるならもう少し小さいものを頼むよMS。
a0000104_18343923.jpg

 あちこちに書くつもりもないので、アップルの新製品発表の話題はここでは触れないが、アップルが自社製の巨大スピーカーを出す一方で、ライバルと言えばライバルのマイクロソフトは新しいタブレット型デバイスの発表を控えているようだ。

 ITmediaニュースの記事:
 「Microsoft、Xbox 360核に「iPodキラー」を検討中?」
 (1月30日付:japan.internet.com)
 「「iPod対抗機はハードメーカーと共同で」――ゲイツ会長語る」
 (2月11日付:ロイター)
 「[WSJ] MS、iPod対抗プロジェクト「Origami」発表へ」
 (2月27日付:ウォール・ストリート・ジャーナル)

 Engadget.com の記事(2月24日付)(英語):
 「Microsoft's Origami project」

 ITmedia オルタナティブ・ブログのエントリー(2月26日付):
 「折り紙と俳句とiPodの関係」

 +D LifeStyle の記事:
 「OrigamiはビデオもWebサーフィンも?」
 (2月27日付:ロイター)

 +D PCUpdate の記事:
 「新しいハードウェア? MSのOrigamiプロジェクトめぐり飛び交う憶測」
 (2月28日付:japan.internet.com)

 C|NET Japan の記事(2月28日付):
 「謎に包まれるMSの「Origami Project」--一部の詳細が明らかに」

 で、3月2日に詳細情報が掲載される公式サイト:
 http://www.origamiproject.com/1/

 で、一足早く公開された(でも正式ではなく裏流通)プロモーション映像:
 Microsoft Project origami
 ※内容は1年以上前に制作されたプロトタイプとのこと。

 巷では「iPodの対抗馬」と称されているが、一部ではタッチペン・デバイスということで任天堂DSと比較する向きも出てくる。まあ、いろいろな憶測が新ガジェットに向けて飛び交うのはよくあることなので特に気にはしてないが、プロモーション映像を見る限り「大きい」と思うのは私だけか。
 タブレットPCなどと比較すると手頃なサイズかもしれない。さまざまな動画像やお絵かきしたりタブレットペンで書き込んだりするのには確かにこのくらいのサイズが適しているんだろう。でも、日本には既にシャープのPHS(キャリアはウィルコム)のW-ZERO3がある。日本市場を意識していないのであれば特にどうということはないが「折り紙(origami)」などというネーミングはどう考えても意識しているように思えてしまう。それとも和テイストなネーミングが今のアメリカにはウケるのか。

 いずれにせよ詳細は3月2日に発表されるらしいが、4万円以下で買えないと日本では売れない気がする。では、4万円以下ならバカ売れするかと言えば、「誰もが簡単にコンテンツを引っ張ってきたり、書き込んだり、作成したり出来る環境」でないと、そこはそれ難しいんだろうな。デザインも微妙だし。電話として使える分、まだW-ZERO3の方に歩がありそうだ。
[PR]
by bhaus | 2006-03-01 18:44 | [モノ]
隣の芝生は蒼く見える。
 携帯電話は今のところKDDI(au)とウィルコムの2本だてで使っているが、たまに他キャリアの携帯にも興味がわくことがある。先頃ではドコモのFOMA702シリーズのデザインにクラッときたものだが、今度はボーダフォンのシャープ端末と韓国のLG電子端末にクラッときた。
a0000104_2040869.jpg
 ボーダフォンのシャープ端末は最近噂になっていたが、解像度の高いVGA液晶は携帯電話には初搭載で、そこらへんが魅力的だ(PHSではウィルコムのW-ZERO3なんかがVGA液晶か)。

 +D モバイルの記事(2月28日付):
 「ボーダフォン、VGA液晶搭載「904SH」発表」

 6軸センサーを内蔵しているというのも無駄にかっちょいい。地磁気3軸、加速度3軸のセンサーを使って携帯電話でできることと言ったら、どんな向きでもGPSが精度高く場所を示してくれるとか、携帯電話をぶんぶん振り回すゲームができるくらいのものしか思い浮かばないが、でも「世界最小の6軸センサー」という響きがたまらないじゃないか。

 もう一つは韓国LG電子製の端末だ。

a0000104_2050352.jpg
 パッと見、デザインも可愛らしいシンプルなスライド式携帯電話だが、見た目以上に「におい」がすごい。

 +D モバイルの記事(2月28日付):
 「ラベンダーの香りが香る「ホワイトチョコレートフォン」」

 記事によると「ホワイトチョコレートフォンの特徴は、ボタン部分からほのかにラベンダーの香りが香ってくる「アロマ機能」」だそうな。携帯電話自身が香りを発するという発想がすごいじゃないか。しかも数年は携帯電話から香りは消えないのだそうな。香りというのはクセがあって人の嗜好を左右しやすいので、マス市場を意識する日本ではまず市場導入しなさそうな一品だが、韓国では5万円相当の値段で売っているらしく、それでも売れるっていうのが素晴らしい。開発者は楽しかろうな。
[PR]
by bhaus | 2006-02-28 21:01 | [モノ]
このデザインはアリなのか。
a0000104_8451282.jpg
 現在、iPodを使っている身として、外付けスピーカーの存在は気になるところで。何に使うかと言えば、単純な話、舞台公演の稽古などに使えるのだ。そこでこんな商品が気になったりするのだが、この商品に関しては別の意味でもちょっと気になったりするわけで。

+D LifeStyle の記事(1月24日付):
「グリーンハウス、リモコン付きiPod用スピーカーユニット」

※詳細がわかる商品ページ:GH-SPA-430シリーズ

 この商品の形を見て思い出したのはこちら。スピーカー・メーカーの雄BOSEのiPod専用スピーカー SoundDock だ。製品概要はこちら


a0000104_846541.jpg

 デザインは圧倒的に洗練されているものの、それでも構造が似ているように見えるのは気のせいか。この程度であれば意匠権などには抵触しないのか。BOSEの方が何となく性能が良いような気もするのだが、圧倒的にグリーンハウス製品の価格が安いので、買うなら私はこっちにしようかと。でも、スピーカー・マニアはBOSEを選択するんだろうなあ。この2商品を並べて販売する量販店はないか。行ってみたいぞ。

※グリーンハウスは出力抑えめのこんなスピーカーも出してたのね。これも似てるけど、圧倒的に性能が違うから誰も何も言わないのかな。
[PR]
by bhaus | 2006-01-25 09:09 | [モノ]



なんとなくアーカイヴス。
by bhaus
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
現在、当ブログは更新凍結状態です。経緯はこちらのエントリを参照してください。

メインサイト
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
貧相な最強飯
from B級グルメ食いつくし
タカラ 「フルアクション..
from 湘南のJOHN LENNON..
『地球へ・・・』(1980)
from 【徒然なるままに・・・】 b..
SS「ヴァーチャルハイド..
from 朕竹林 ~ネットはテキストだ~
日本語テスト
from もと読書記録゛(どくしょきろぐ)
1月30日号
from 日刊エキブロ新聞
足跡残しておきますね♪
from お邪魔します☆
au、「Hello Me..
from [K]こあら日記
Apple Specia..
from DESIGN HUB
キヤノン新製品内覧会へ行..
from 衝動買いはやめられない!デジ..
タグ
フォロー中のブログ
山村幸広の一日、一グラム
見てから読む?映画の原作
英国写真とF1
おやじのたわごと
イオリのキエフに住んでる...
映画・読書日記
Yセツリサイタル
TURN!TURN!TURN!
女プログラマってどうよ?
(左)阪神日記
ほれみたことか
読書記録゛(どくしょきろぐ)
自動販売機と地域経済
夢見るかえる 
十勝の空から
★浪花お好み焼き三昧★
「つれづれオオサカ(仮)...
UK Style
しがないOLの日記
裏口
ニ ノ チ カ
英国庭師日記(重度自閉症...
新・日々戦争
宇柳貝四方山話
CX日テレ渋谷
インターミッション~ 幕...
のんびり日記 まんが編
絵日記 一日一絵
奄美大島☆撮影日記
Omorism ;-) ...
ご利用はご計画的に。
香港に居るよ
+0401Fool
英国家族日記
空の俺
飯田和敏,犬飼博士,NK...
海の向こうで。
ネットは新聞を殺すのかblog
:..: めもにっき。:...
地球と宇宙の画像 惑星テ...
明日は、晴れかな。
すぎエモンのITコラム
山崎絵日和 黎明編
直撃を受けているのか!?...
映画監督 横山博人ブログ
今週の東京エイティーズ
おバカなサイトをコレクション
English Haiku
TAKUのなんか言いたい
エキサイト!!廃人クラブ
Miss Keio Co...
かたすみの映画小屋
久遠電脳blog
ペペロンチーノのひとりごつ
はまぞうさん
ボスの日記
移動する羊たちの呟き
横浜エイティーズ
写心楽
でじたる渋谷NEWS
DeepSky(星雲・星...
=この道はいつか来た道=
羊 頭 狗 肉 屋
柳*暗*花*明*
昼食kiss
樹元オリエ公式ブログ『ペ...
Illustrator ...
ニュース・ワーカー
やがて血となり肉となる
.:: 魔改公子的夜星殿...
株式会社ラセンス-カネコ...
shuin
art unit Tin...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism