bhaus' blog since Feb. 2004
<   2004年 08月 ( 195 )   > この月の画像一覧
まだまだ新しくなるiMac。
既にエキサイトブログでもこの話題に盛り上がっている人がたくさんいらっしゃるかと。

ITmediaニュースの記事(8月31日付):
「Apple、「コンピュータ=ディスプレイ」のiMac G5をパリで披露」

※日本のアップルサイトでも既に発表・発売されている

前任機種の“首振りiMac”(リンク先はITmediaニュース2003年11月21日の記事)は各方面から絶賛を浴びたものの売れ行きはイマイチだったようで。一方でiPodはWindowsユーザー市場にも食い込んだものだから、今や「iPodのアップル」状態に。「iMacはiPodの周辺機器だ」とまで言われたとかいう話も聞いたが、今回遂に大幅モデルチェンジをおこなった。

従来のMacユーザーにとってちょっぴり羨ましいのはG5チップを搭載したというところかもしれない。私も昨年“首振り”に買い替えたとき、タワー型の方がG5搭載になって、ああ一年もすればiMacもG5搭載されるな、と思っていたが、まさかデザインまでこんなに変えるとは思わなかった。ディスプレイと本体一体型のパソコン自体はかつて存在したが、やはりアップルのデザインセンスはひと味違うな。

愛嬌がなくなった分、従来のMacファンからは賛否両論ありそうだが、Windowsユーザーにとっては乗り換えるいいタイミングじゃないか。更に安くなってるし。処理速度は速いし。場所取らないし。しかもクールなデザインだぞ。「Macはゲームが少ないから」とか「マウスのボタンが1個しかないから」とか子どもみたいなことを言ってないで、とっとと買い替えようぜ! お、これ5.1chスピーカーセットに接続できるのか。すげー。

私は一瞬下取りしちゃおうかと思ったけど、今のも昨年末に下取り交換したばかりだから今回はスルー。これの30インチ版が30万円以下で販売されたら考えちゃうかも。いや、25万円以下にしておこう。
[PR]
by bhaus | 2004-08-31 23:52 | [独白]
3Dという言葉にも弱い私。
もう3D(三次元立体画像)大好き。国際博覧会の3Dパビリオンとか科学技術館系の3D映像とかIMAXの3Dシアターとか、もう大好き。何か未来チックじゃん。

ITmediaモバイルの記事(8月31日付):
「NEC、2.5インチVGAで3D表示可能な液晶パネル」

NEC製の携帯電話は今のところドコモだけか。いいなあドコモ。3Dでテレビ電話なんてもう最高だろうに、一般的なユーザーはあまりそこまで求めないんだろうなあ。もういっそ立体ホログラム映像再生装置でも組み込まないと一般の人は感動しないのだろうか。私なんかもうそんな技術が実現されたら卒倒しちゃうぞ。ステキー!! とか叫んで。
[PR]
by bhaus | 2004-08-31 19:49 | [技術]
映画鑑賞連鎖のススメ。 その2“架空世界系”
2ヶ月以上前に「その1」を書いてそれっきりだったな。バーチャル・キーボードの話も出たので、海外のバーチャルものの映画・TVドラマをちょっと紹介してみようか。

※“バーチャルもの”とは…コンピュータなどで作られた架空の世界の中で繰り広げられるドラマ。主にその世界に普通の人間が「取り込まれる」か「乗り込んでいく」かのどちらかのパターンに分かれる。バーチャルものの特徴としては「ありえない武器とか道具とかが出てくる」「何か困ったときは“プログラム”が何とかしてくれる」「バグがトラブルのもとになる」などが挙げられる。

■バーチャル映画

『トロン』(82年・米:TRON)ジェフ・ブリッジス主演のディズニー映画。一応世界初のCG映画ということになっているが、実際にコンピュータを使用したところは現代の作品に比べるとほんの僅か。しかもリアルタイムに描画されるというよりは、コンピュータで出力したものをアニメーション撮影の手法で製作していったとか。それでも私はこの作品が大好き。他に有名な俳優といえばデビッド・ワーナーくらいしか出演していないが、でも好き。TOTO(ミュージシャンの方ね)とかサントラに参加してるし。ゲームクリエイターの主人公がコンピュータの世界に取り込まれてしまうというお話。続編が同じ監督の手でアニメ作品として世に出ているが、日本では未公開。

『ブレインストーム』(83年・米:Brainstorm)米SFX技術者の草分的存在のダグラス・トランブル監督作品。監督作品は少ないが『サイレント・ランニング』など良質のSF映画を作ってくれる監督だと信じている。クリストファー・ウォーケンがバーチャル・リアリティ・マシンの開発者の役で主演。DS9などにも出演している名女優ルイーズ・フレッチャーも研究所長みたいな役で登場。VRマシンを巡るシリアスなドラマ。SF作品としても普通の映画としても非常に見応えがある内容。

『カイロの紫のバラ』(86年・米:The Purple Rose of Cairo)ウディ・アレン監督の30年代アメリカを舞台にしたドラマ。SFではないが、映画好きの主人公が中盤から映画の世界に取り込まれてしまうので、まあ、バーチャルものということにしておく。せつないコメディ作品。ミア・ファーローの貧乏臭いウェイトレス役が見事。

『バーチャル・ウォーズ』(92年・米:The Lawnmower Man)S・キングの短編小説「芝刈り機の男」にインスパイアされて作られた作品。原作と言って良いかどうか怪しいほど中身は全然違う。モニター・ゴーグルやパワー・グローブなどを着けて電脳世界を動き回るという、今ではそんなに珍しくもないツールがこの頃登場した。主演は007シリーズでおなじみピアース・ブロスナンだが、特に作品として面白いかどうかはノーコメント。

『JM』(94年・米:Johnny Mnemonic)サイバーパンクSF小説の祖ウィリアム・ギブスン原作の短編小説「記憶屋ジョニイ」がベースだが、この映画の脚本も本人が担当。当時もそこそこ人気があったキアヌ・リーブス主演。ビートたけしも敵のボス役で出演しているので、タイトルだけでも知っている人は多いかも。これまた『バーチャル・ウォーズ』みたいな電脳世界徘徊ツールを使用。ただゴーグル部分がオールメタルっぽい目隠しのようなフォルムをしていたのが斬新だった。特に作品として面白(以下略)

『バーチュオ・シティ』(95年・米:Virtuosity)デンゼル・ワシントン主演、悪役がラッセル・クロウなのにB級SF作品。未来の警察官だか刑事だかのデンゼルが、バーチャル・シミュレータで生成した犯罪者プログラムのラッセル・クロウを追い駆けるというもの。二回観たんだがよく覚えていない。今や有名ハリウッド・スターの下積み時代を見るような作品。

『カラー・オブ・ハート』(98年・米:Pleasantville)『スパイダーマン』で人気を博したトビー・マグァイヤと『キューティー・ブロンド』で日本でも知られるようになったリース・ウィザースプーンが主演のコメディタッチな作品。これも『カイロの…』同様SFというには難しいが、モノクロテレビの世界に入りこんでしまう、というところでバーチャルもの、と。製作には『トラフィック』や『カフカ』『ソラリス』などの監督スティーブン・ソダーバーグが一枚噛んでいる。映像が見事。お話も結構楽しめる。

『13F』(99年・米:The Thirteenth Floor)スターゲイトやID4でやっちゃった感のあったローランド・エメリッヒが製作で絡んでいたので不安だったのだが、中身はとてもよくできたVRもの。これといったスーパースターは出ていないが、ビンセント・ドノフリオやアーミン・ミューラー=スタールなどが脇を抑えていて見応えあり。これはモロに仮想空間を開発している人たちのお話。その開発した仮想空間で開発者の一人が殺されたところから物語が始まる。面白そうでしょ。

『マトリックス』(99年・米:The Matrix)もう語るまでもない。従来のVRものを脱却した超エンターテインメント作品。1作目で終わっていれば伝説になったものを。

『イグジステンス』(99年・米:eXistenZ)一説にはデヴィッド・クローネンバーグ監督がマトリックスに対抗して作ったと言われているが、実際は製作年も公開年もほぼ同じ。『スキャナーズ』だの『戦慄の絆』だの『裸のランチ』だのグログログチョグチョのスリラーSF系が得意な監督のVRものだ。やっぱりグチャグチャしていた。でも面白い。ジュード・ロウがいい芝居している。個性派女優のジェニファー・ジェイソン・リーも好演しているのだが、チョイ役で出演しているウィレム・デフォーもたまらない。そんなにグロくもないので、マトリックスとかに辟易してしまった人にはぜひとも観ていただきたい。

■バーチャルドラマ

『ワイルド・パームス』(93年・米:Wild Palms)有名な作品では『ビルとテッドの地獄旅行』か『サンダーパンツ!』くらいしかない(劇場実写版『サンダーバード』の原案てのもあるようだけど)ピーター・ヒューイット監督の貴重なSFドラマ作品。主演はジョン・ベルーシの弟ジェームズ・ベルーシ、最近SEX and the CITYで再び脚光を浴びた『ゴーストハンターズ』『ポリスアカデミー』のキム・キャトラル、SF作品の悪役では有名なデビッド・ワーナーなどが出ているのもいいのだが、製作総指揮が『プラトーン』『JFK』『エニイ・ギブン・サンデー』などを監督したあのオリヴァー・ストーンだったり、音楽が坂本龍一だったりするのも凄い。第1章から第3章まであるけど、全5話。VRテクノロジーもちょっとファンタジックな表現が為されていて、結構見応えがあった記憶がある。今更ながらDVD化してくれないかな。

『VR5』(95年・米:VR5)13話(1シーズンにも満たないか)で打ち切られたSFドラマ。一部でコアなファンが継続放映を望んで署名運動までしていたが、その願い虚しく怒涛の最終回を迎えたまま終了。物語は、電話修理工をするインターネット・フリークスのヒロイン、シドニー・ブルームが、ある経路でたまたま手に入れたヴァーチャル機器を、間違えてカプラー(受話器を載せるモデムみたいなもの)につなげた途端、ネットを経由して電話で話している相手にアクセスして、異空間に飛び込んでしまうというもの(昔、私がネットに掲載したあらすじから引用。それくらいしか引っかからないでやんの。ちぇ)。このドラマ、何が上手いってCGなんかほとんど使わないで、カメラアングルや小道具類なんかで上手く世界観を見せているというところ。結構面白かったんだが、数字が伸びなかったんだろうなあ。日本語字幕付ビデオを見られたのが奇跡に近い。

『ハーシュ・レルム』(99年・米:Harsh Realm)Xファイルのプロデューサーだか原作者だかのクリス・カーターが手掛けたVRものドラマ。何が凄いって、日本でもビデオ化されたのだが、打ち切りになって尻切れトンボになったと思ったらクリス・カーターの言い訳映像が流れてくるという代物。1シーズンももたずに9話で終了。設定としては結構いい線いっていただけに惜しい。ハーシュ・レルム(直訳すると“厳しい王国”)という名の軍事シミュレーターに作られた仮想空間に独裁者が誕生してしまって、主人公はそいつの暗殺の指令を受けてシミュレーターに入りこむとかなんとかいう話だったかと思う。シミュレーターが内部でいじられたのか、一旦入るとその独裁者を倒さない限り生きて帰れないとかいう設定。生身の身体は現実世界で寝ているんだけど。で、現実世界と交信できるキャラクターみたいなのがいて、そいつと何とかあって現実世界に「誰が独裁者なのか」の情報を伝えようとする、とかそんなカンジ。あまりの酷い打ち切り加減に見ていて腹が立ったものの、設定が秀逸だったのでどこかで流用する機会がないかな、と思っている。

他に見てない作品でもVRものは幾つかあったかと思う。これはオススメとかいう作品があったら教えてください。好きなんで、VRもの。
[PR]
by bhaus | 2004-08-31 17:41 | [映像・画]
遂に発売! やばいキーボード。
先程、コントユニットのメンバーからメール連絡が入った。
「やばい、予約しちゃいそう」
何のことかと思ってリンクを辿ったらこれだ。

たのみこむの派性サイト・NIPPON STYLEの商品紹介ページ:
「バーチャルキーボード(VKB)」


もう「バーチャル」って単語だけでクラクラする。
この分野は国内外でここ数年研究・試作の繰り返しだったが、遂に国内でも発売されることになったようだ。国内初。
この製品を作った株式会社ピンチェンジというのは松下電器から出てきたベンチャー企業。何故か知らんがこんなゲームソフトとかも出している。

それにしても微妙な価格帯に落ち着いたな。キーボードとしては高級タイプのそれと同等の価格帯か。Windowsはもちろんのこと、PalmOSやMacOSXにも対応するとなるとちょっと考えてしまうじゃないか。確かに「やばい、予約しちゃいそう」だ。

ただ言っておくが、これが本当に便利なのはPalmみたいな「大きなキーボードを持ち運べない」PDAに利用するケースだ。折り畳みキーボードより小さいし。他のPCで使う場合は、単に「見せびらかし」あるいは「未来を実感」以外の何者でもない。収納が楽というのもあるけどね。
[PR]
by bhaus | 2004-08-31 13:31 | [モノ]
私の年代では「バイキング」といえば「ビッケ」なんだが。
今日の昼は会社の人たちとバイキング料理を食べに行った。
別に初めて入った店でもなかったのだが、なんで“バイキング”料理なんだろう、という話になった。大方昔のバイキングが好き勝手に料理を並べて食べまくったんだろう、ということで落ち着いたが、実際それに近いようだ。

ネットで検索して調べてみたところ諸説ヒットしたが、総じてみると、

1)日本の帝国ホテルがはじめた
2)北欧のスモーガスボード(サンドウィッチ・テーブル=各人それぞれ好きな料理を持ち寄ってみんなで食べる形式)が原点
3)当時上映していた映画『Tales of the Vikings(1957年・米 邦題:バイキング)』のワンシーンに船上で食べ放題飲み放題のシーンがあった
4)その映画のシーンが元で帝国ホテル内に「インペリアル・バイキング」というレストランができた

ということらしい。だから海外に行って「バイキング料理がね」と言っても通じないのがほとんどらしいが、本国デンマークではこの名前が逆輸入されていて、バイキング料理の話をして通じるところがちらほらあるとか。

で、食事も粗方食べ終わった頃、同席したオジサンたちは「バイキングと言えば、昔のテレビドラマを思い出すね」という話を始めた。50歳前後のオジサンたちは異口同音に「おお、思い出す思い出す!」と半ば興奮状態。どんなドラマなんですか、と問うたところ、

「なんせ毎回海賊(=バイキング)が暴れまわるだけだから、よく覚えてないや」

とのこと。このドラマ30分ものの白黒作品で、調べてみると、先に挙げた映画にインスパイアされた海外テレビシリーズ(原題:The Vikings/Tales of the Vikings)だったようだ。映画ではカーク・ダグラスやらアーネスト・ボーグナインやらトニー・カーティスやら錚々たる面々が出演しているが(しかも監督は『ミクロの決死圏』のリチャード・フライシャー)、テレビ版は知らない人ばかり
今では想像できないな。そんな異国の海賊が活躍するアメリカ製のテレビドラマなんて。見たいぞ。
[PR]
by bhaus | 2004-08-31 13:07 | [映像・画]
定額制になれば実現可能な面白いこと。
日本では既にauが着ムービーのコンテスト「EZアワード」なるものを二回ばかり開催しているが、パケット料金の問題などからどうしても「一瞬」で終わる作品が多かった。まあ、着信していることを知らせるものだから、そんなに長くても仕方がないんだけど。

Wired Newsの記事(8月30日付):
「A Celebration of Cell-Phone Film」

海外では一足お先に「携帯電話向け映画祭」みたいなことをやっているようだ。流石に記事内にもあるように「『風とともに去りぬ』みたいな作品は流せない」が、着ムービーよりは長く、物語性もある「作品」が見られる時代が到来しつつあるようだ。
関係者に言わせると携帯電話向けの1インチ~2インチスクリーンで見るのに適した「映像作品」というのは、

1)シンプルなアニメやPVみたいな音楽映像
2)複雑な人間関係を見せるよりは、抽象的な関係性でキャラクターの素性など深く判らなくても楽しめるもの(「キャラクター・ベース」ではなく「カリカチュア(=風刺的・誇張的)・ベース」)

だそうな。海外の携帯電話料金事情はよく知らないが、日本でもこのような「携帯映画」が見られるようになるためには、全キャリア定額制になって、その価格競争が激しくならないと難しいのかもな。一視聴者としては早くそういう時代が到来することを願って止まない。
[PR]
by bhaus | 2004-08-31 12:47 | [芸能]
ミクロマン・フリークスは既に知っている情報だろうが。
最近になって新しいミクロマンの存在を知った方々へ。
今日、こんなのが発売されるらしいぞ。

「MAGAZINE ZERO ONE」

別に日経が絡んでいるわけでも石ノ森プロが絡んでいるわけでもない。QUANTOとかいう玩具雑誌の別冊らしいのだが、リンク先をご覧になっておわかりのように、オマケとして「ミクロマン」が付いてくる。しかも限定版だ。この雑誌の付録でしか手に入らない(少々形を変えて年末に発売されるらしいけど)。これはレアモノだ。

で、当然のことながらネットでの予約はもう完売。あとは書店で入手するしかないらしいのだが、これがまた販路が普通の雑誌と違ってコンビニエンスストアが主流らしいのだな。だから、予約しそびれたマニアは今頃コンビニエンスストア巡りの最中じゃないか。こういうのは大概朝の4時頃だと思うんだが。入荷が。普通の書店でも売るような噂もあるが、実際はどうなんだろう。

更には一冊2,800円もする。ミクロマンがざっと1,400円くらいとして、雑誌もそのくらいするのだ。これは普段そういうものを買わない人にとっては高い買い物だな。ただ、2冊とか見つかってそれを買うことが出来たら、ひょっとしたらネットオークションで少しだけ高く売れるかもしれない。噂では2冊合わせて4,000部刷るとか刷らないとか。ミクロマン市場がいかほどのものかは知らないが、興味のある人は買ってみては。

ちなみに詳しくは知らないが、10年以上前にミクロマン付きのムックが発売されたことがあって、それがゼロだかゼロゼロだかいうタイトルだったらしいんだな。だもんだから今回はゼロワンなんだと。奥深いね、マニアの世界は。

※開発秘話(?)ページ「タカラホビー.com」
[PR]
by bhaus | 2004-08-31 02:12 | [モノ]
台風は過ぎたのか。
関東地方はもう台風は通り過ぎたのか。風は強いが雨はほとんど降っていない。
東北地方はこれから大変そうだな。北海道とかも。気をつけてください、北の人々。
[PR]
by bhaus | 2004-08-31 01:56 | [独白]
テレビ電話を普及させるのは難しいぞ、FOMA。
私自身は一日でも早くテレビ電話社会が訪れて欲しいのだが。

ITmediaモバイルの記事(8月30日付):
「ドコモ、FOMAのテレビ電話の無料キャンペーン」

テレビ電話利用促進策らしいが、こういう状況では果たしてどこまで普及するか怪しいものだ。

たとえ機能改善やコスト改善が為されても、世の女性たちの「家に帰ったら電話に出ない」という状況にドコモは悩まされるだろう。キャラ電とか姑息な手段を考えないで、もっとシンプルに「使いたくなる」ような性能にしなきゃ、テレビ電話利用率は上がらないだろうな。
[PR]
by bhaus | 2004-08-30 23:29 | [技術]
日本でも流行るか、ペーパーナプキン・ドット・ネット。
一時期次から次へと若い女性と知り合う機会があり、私は柄にもなく彼女たちのメールアドレスや携帯電話の番号を聞いては自分の携帯電話に登録していた。しかし、名うてのナンパ師ではない私は(というかナンパすらしたことがない)、スグに連絡したりメールを送ったりすることもなく、コントライブや舞台公演の本番が近づくと案内メールを送ってはフラれていたのだった。女性というよりはお客さんとしか見ていなかった自分にも問題はあるだろうが。それ以前にモテないし。

ただ、そのとき思ったのは気のない相手にも気軽に携帯電話の番号やメールアドレスを教えてしまうというのはどうなんだろう、ということ。適当に誤摩化してその場をやり過ごせば良いものの、もし私がストーカーよろしくしつこく電話やらメールやらを送り続けていたらどうするというのだ。また、ふとしたはずみで教えてしまって、しつこく連絡がくるという経験をしている女性も少なくないかもしれない。そんな人にはこのサービスは便利なのか。

HOTWIRED JAPAN/WIRED NEWSの記事2つ:
「「気のりしないデート」から脱出するための携帯電話サービス」(8月8日付:日本語化8月18日)
「しつこい「メルアド教えて」に対処する新サービス」(8月18日付:日本語化8月20日)

アメリカでは既にこのテのサービスがあるのだな。気乗りしないデートの途中で電話がかかってこさせて、電話の向こうで流れるアナウンスに合わせて同じことを電話口で話しているのを聞かせてデートを中座させるサービスや、ニセのメールアドレスや勤め先の書かれた名刺を作るサービスなど、色んなところに商売のタネはあるもので。
「そんなニセ名刺、自分でいくらでも作れるよ」と思う人は、リンク先の記事を詳しく読んでみてくれ。そのアドレスにメールを送ると「このアドレスを渡した本人はあなたに興味がないのでこれ以上メールしないでくれ」みたいな手厳しい内容の返答がくるのだ。手が込んでいるだろう。中には逆上するヤツもいそうだけど。

日本でやったら流行るかな。
[PR]
by bhaus | 2004-08-30 20:51 | [サービス]



なんとなくアーカイヴス。
by bhaus
現在、当ブログは更新凍結状態です。経緯はこちらのエントリを参照してください。

メインサイト
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
貧相な最強飯
from B級グルメ食いつくし
タカラ 「フルアクション..
from 湘南のJOHN LENNON..
『地球へ・・・』(1980)
from 【徒然なるままに・・・】 b..
SS「ヴァーチャルハイド..
from 朕竹林 ~ネットはテキストだ~
日本語テスト
from もと読書記録゛(どくしょきろぐ)
1月30日号
from 日刊エキブロ新聞
足跡残しておきますね♪
from お邪魔します☆
au、「Hello Me..
from [K]こあら日記
Apple Specia..
from DESIGN HUB
キヤノン新製品内覧会へ行..
from 衝動買いはやめられない!デジ..
タグ
フォロー中のブログ
山村幸広の一日、一グラム
見てから読む?映画の原作
英国写真とF1
おやじのたわごと
イオリのキエフに住んでる...
映画・読書日記
Yセツリサイタル
TURN!TURN!TURN!
女プログラマってどうよ?
(左)阪神日記
ほれみたことか
読書記録゛(どくしょきろぐ)
自動販売機と地域経済
夢見るかえる 
十勝の空から
★浪花お好み焼き三昧★
「つれづれオオサカ(仮)...
UK Style
しがないOLの日記
裏口
ニ ノ チ カ
英国庭師日記(重度自閉症...
新・日々戦争
宇柳貝四方山話
CX日テレ渋谷
インターミッション~ 幕...
のんびり日記 まんが編
絵日記 一日一絵
奄美大島☆撮影日記
Omorism ;-) ...
ご利用はご計画的に。
香港に居るよ
+0401Fool
英国家族日記
空の俺
飯田和敏,犬飼博士,NK...
海の向こうで。
ネットは新聞を殺すのかblog
:..: めもにっき。:...
地球と宇宙の画像 惑星テ...
明日は、晴れかな。
すぎエモンのITコラム
山崎絵日和 黎明編
直撃を受けているのか!?...
映画監督 横山博人ブログ
今週の東京エイティーズ
おバカなサイトをコレクション
English Haiku
TAKUのなんか言いたい
エキサイト!!廃人クラブ
Miss Keio Co...
かたすみの映画小屋
久遠電脳blog
ペペロンチーノのひとりごつ
はまぞうさん
ボスの日記
移動する羊たちの呟き
横浜エイティーズ
写心楽
でじたる渋谷NEWS
DeepSky(星雲・星...
=この道はいつか来た道=
羊 頭 狗 肉 屋
柳*暗*花*明*
昼食kiss
樹元オリエ公式ブログ『ペ...
Illustrator ...
ニュース・ワーカー
やがて血となり肉となる
.:: 魔改公子的夜星殿...
株式会社ラセンス-カネコ...
shuin
art unit Tin...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism