人気ブログランキング |
bhaus' blog since Feb. 2004
2004年 08月 27日 ( 6 )
用語を変える背景が見えないので何とも言い切れないものがあるが。
やはり字義からくる負の印象を払拭する、とかそういうことなのかなあ。
「精神分裂病」が変な誤解を受けるとかで「統合失調症」に変わったとかいう話は聞いたことがあるが。

nikkeibp.jpの記事(8月27日付):
緊急調査:「痴呆」に替わる言葉は何か?」

「痴呆老人」などの言葉も定着していることもあり、言葉を替えるのは難しいだろうなあ。リンク先の記事でも「替える」ことに反対の意見が多いようだし。「痴呆」が示す範囲が広いとか、表現が医学的でないとか、ちょっと表現がダイレクト過ぎてインパクトが強いんじゃないか、というのが背景にあると思われるが、かと言ってリンク先の例にあるような用語も医者としては判りやすいかもしれないが、素人にとっては余計に判らないのではないか。判らなくてもいいのかもしれないけど。

「ウチの父はどうなってしまったんでしょうか」
「診断の結果“高次脳機能失調症”と出ました」
「は?」

となるんじゃないか。字にすればまだ判る可能性はあるけど。
以下記事より一部引用。

単独の用語としてもっとも多かったのは「ディメンチア」で8件あった。「『ED』という前例がある」「エイズがそのまま一般に通用しているように、思い切ってそのまま英語読みでいいのではないかと思う。患者への説明は認知障害だと言えばよいのではないか」「横文字にすることでひとつの医学的用語として受け入れられると考えられるから」などが提案理由となっている。


横文字やカタカナになると更に理解に苦しむ。「痴呆老人」も「ディメンチア老人」とかになっちゃうと「サンクトペテルブルグ人」とかと同じで「それはそれは遠いところをわざわざ」とか言われてしまわないか。いや、別にサンクトペテルブルグでなくてもいいんだけどな。

ちなみに「統合失調症」に替わった「精神分裂病」だが、カタカナ候補では「スキゾフレニア」というものもあった。やはりカタカナのインパクトは日本語のそれとは異なるものがあるな。

「妻は…妻はどうしてしまったんでしょうか」
「奥様は、スキゾフレニアです」
「は?」

これでは「奥様は、エクトプラズマです」と言われても「奥様は、海の幸のラザニアです」と言われても受ける印象は大差ないじゃないか。そんなことないか。
by bhaus | 2004-08-27 15:59 | [独白]
世界記録はどこまで伸びるのか。
タイムを競う競技があるじゃないか。陸上とかマラソンとか水泳とか。あれは結構なペースで世界記録が更新されているような気がするのだが。100分の1秒の世界だとコンマ何秒更新されても傍目には判りにくいのかもしれないが。

会社のタバコ部屋で上司たちと雑談しているとき、ある上司がポツリと、
「このままいったら、マラソンとか30分で走りきっちゃうんじゃないの」
と言ったら、別の先輩が、
「そのときはもう人間じゃなくなっていますよ」
と返した。上司は、
「そうだねえ」
としみじみ納得。納得していいのか、そこは。
by bhaus | 2004-08-27 15:28 | [独白]
動物が何を考えているかわかる人間はいるのか。
言語能力の発達した人間同士でも相手が何を考えているのかわからんのに、動物が何を考えてどうやってコミュニケーションをはかっているのかなんて、実はどうやってもわからんのではないか。と思うことがある。

nikkeibp.jp本の紹介「健康プラスα 本のカルテ」:
「動物たちの自然健康法:動物たちの健康法満載 自然の知恵ってすごい」

この本、とても面白そうである。紹介ページに記載されている例だけ見ても感心することしきり。よくもまあここまで進化したものだ、とも思うのだが。以下記事より一部引用。

動物の世界には、医師も薬剤師もいない。そのため、動物たちは、食べる物を工夫することによって、病原体や寄生虫を寄せつけないようにし、胃腸不良などの不調を改善しようとする。これは気が遠くなるような長い年月にわたる自然淘汰(とうた)を経て、彼らが体得した知恵だ。


いたらどうする。動物の世界の中の医師とか薬剤師が。そういう役割を持った担当者がいて、そいつは同種の中でもとりわけ丈夫なのが取り柄で、とりあえず何でもやってみる冒険家のようなやつなんだな。そいつが毒味役でな。腹を壊したら壊したで、解毒剤になりそうなものを探して食べてみるんだな。で、研究の末ある程度の結論が見えると、一般の仲間を使って実験するんだ。人間にわからないように。
by bhaus | 2004-08-27 12:54 | [独白]
まだWINシリーズを買おうかどうか悩んでいる人へ。
ようやく関東地区でも先週末からW21SAが販売された。私は待ちきれなくてW21Sにしてしまったが、W21SAは期待の“全部入りケータイ”なだけに購入後も気になっていた。ようやく情報サイトにも使用レビューが載り始めてきたようで。

ITmediaモバイルの記事(8月27日付):
「ケータイカメラ画質研究ラボ:縦位置動画が面白い、シャッター位置に課題~「W21SA」」

比較しやすいように、こっちの記事もリンクしておこうか。

ITmediaモバイルの記事(8月6日付):
「ケータイカメラ画質研究ラボ:画質にクセがなく扱いやすい操作性~「W21S」」

どっちもいい製品だと思うので、自分の趣味にあったものを選ぶといい。200万画素カメラ付、FMラジオ付でW21Sと値段が大差ない、という点ではW21SAはお得感ありまくり。あとはあのデザイン・大きさ・操作感に馴染めるかどうかといったところか。
by bhaus | 2004-08-27 11:01 | [モノ]
演劇関係者の恋。
とある演劇関係の仲間の男が本気か冗談かわからない口調で「恋がしたい」と言った。酒の席での話だ。
また別の日に、吹き替え関係の仲間の女がやや本気な口調で「彼氏が欲しい」と言った。
10年前の私なら、お節介オバサンの血が騒いで(男だけど)二人を強引に引き合わせてくっつけていたかもしれない。そうやってくっつけて、結婚までさせてしまったこともある。ただ、その夫婦が何年かして離婚をせずとも冷えきった状態でいるのを見ると、何か反省に似た気持ちが湧いてくる。二人の問題なのだから私が責任を負うことはないのだろうが、どうにかならないかと思ったりする。これも10年前なら、余計なお節介の域を遥かに越えて、強引に二人の関係をホットなものにさせていたかもしれない。しかし一度離婚を経験してしまうと、そんなに簡単にホットになるものでもないことを知ってしまうので、そういう行動を起こすこともできない。

大体、自分自身が「ぬくもり」を欲しがっているのに、相手を見つけようという気がしない。何故ならば、今知り合って「ぬくもり」を分かち合う関係になってしまうと、あとでお互い不幸になりそうな気がするからだ。「ぬくもり」から入った関係、あるいは「ぬくもり」を確認することで成立する関係は、その関係を持たなくなってしまった時点で別の不安や寂しさのようなものを感じてしまいかねないからだ。
ペアスケートで熱くなって燃え上がった二人は、スケートリンクのないところでは燃え上がれないので、年柄年中氷の張った池やスケートリンクを探さなければならない。
たとえがちょっと違うか。
舞台上で燃え上がった二人は常に舞台の上でないと燃え上がれない。
それはありがちか。ありきたりか。
地下鉄で燃え上がった二人は地上に出ると燃え上がれない。
そんな二人はいるのか。
新幹線で盛り上がった二人は私鉄ごときでは盛り上がれない。
それは単なる新幹線マニアな二人じゃないか。
燃えるゴミは燃えるが不燃物は燃えない。
当たり前じゃないか。

はい。ちょっと情緒不安定です。
by bhaus | 2004-08-27 02:43 | [独白]
誰が始めたんだシンクロ。
日本オリンピック・シンクロ、チームテクニカルルーティーンすげー。強烈。
おー、エネア・コンマ・エネア(9.9)連続。今のところ一位か。ロシアどう出るかな。

一体どこの誰があんな競技考えたのかと探していたら、こんなページ発見。

「 Olympic Sports History SYNCHRONIZED SWIMMING」

これによると1907年にニューヨークでオーストラリア人の水泳選手、アネット・ケラーマンが披露した水中バレエに端を発しているらしい。もうじき100周年だな。
オリンピック競技になったのは、ソロ競技とデュエット競技が84年のロス五輪から、8人チーム競技が始まったのは96年からなんだ。こっちはまだ新しいのね。へえ。発端はそんなに意外でもなかったが、時代を経るに連れて段々妙な方向に進化していってるのね。だって、すごいよ、あの動き。

おお、ギリシャの選手は美人揃いだなあ。あれがほとんどオバチャンになったら太っちゃうんだよなあ。
by bhaus | 2004-08-27 01:47 | [独白]



なんとなくアーカイヴス。
by bhaus
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
現在、当ブログは更新凍結状態です。経緯はこちらのエントリを参照してください。

メインサイト
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
貧相な最強飯
from B級グルメ食いつくし
タカラ 「フルアクション..
from 湘南のJOHN LENNON..
『地球へ・・・』(1980)
from 【徒然なるままに・・・】 b..
SS「ヴァーチャルハイド..
from 朕竹林 ~ネットはテキストだ~
日本語テスト
from もと読書記録゛(どくしょきろぐ)
1月30日号
from 日刊エキブロ新聞
足跡残しておきますね♪
from お邪魔します☆
au、「Hello Me..
from [K]こあら日記
Apple Specia..
from DESIGN HUB
キヤノン新製品内覧会へ行..
from 衝動買いはやめられない!デジ..
タグ
フォロー中のブログ
山村幸広の一日、一グラム
見てから読む?映画の原作
英国写真とF1
おやじのたわごと
イオリのキエフに住んでる...
映画・読書日記
Yセツリサイタル
TURN!TURN!TURN!
女プログラマってどうよ?
(左)阪神日記
ほれみたことか
読書記録゛(どくしょきろぐ)
自動販売機と地域経済
夢見るかえる 
十勝の空から
★浪花お好み焼き三昧★
「つれづれオオサカ(仮)...
UK Style
しがないOLの日記
裏口
ニ ノ チ カ
英国庭師日記(重度自閉症...
新・日々戦争
宇柳貝四方山話
CX日テレ渋谷
インターミッション~ 幕...
のんびり日記 まんが編
絵日記 一日一絵
奄美大島☆撮影日記
Omorism ;-) ...
ご利用はご計画的に。
香港に居るよ
+0401Fool
英国家族日記
空の俺
飯田和敏,犬飼博士,NK...
海の向こうで。
ネットは新聞を殺すのかblog
:..: めもにっき。:...
地球と宇宙の画像 惑星テ...
明日は、晴れかな。
すぎエモンのITコラム
山崎絵日和 黎明編
直撃を受けているのか!?...
映画監督 横山博人ブログ
今週の東京エイティーズ
おバカなサイトをコレクション
English Haiku
TAKUのなんか言いたい
エキサイト!!廃人クラブ
Miss Keio Co...
かたすみの映画小屋
久遠電脳blog
ペペロンチーノのひとりごつ
はまぞうさん
ボスの日記
移動する羊たちの呟き
横浜エイティーズ
写心楽
でじたる渋谷NEWS
DeepSky(星雲・星...
=この道はいつか来た道=
羊 頭 狗 肉 屋
柳*暗*花*明*
昼食kiss
樹元オリエ公式ブログ『ペ...
Illustrator ...
ニュース・ワーカー
やがて血となり肉となる
.:: 魔改公子的夜星殿...
株式会社ラセンス-カネコ...
shuin
art unit Tin...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism