人気ブログランキング |
bhaus' blog since Feb. 2004
2004年 10月 05日 ( 12 )
一生に一度は見たい生オーロラ。
南極に駐留している人はもう飽きているかもしれないけど、私は一度でいいから生でオーロラが見てみたい。

Excite エキサイト :国際ニュース(時事通信社)の記事(10月5日付):
「オーロラ、最後の見ごろ」

この写真も見事だな。こんなのが実際どんな風に見えるのか。
『オーロラの彼方に』という映画があったが、その映画ですら感動したんだ。実物を見たらどうなることか。

その前に寒さに弱いのを何とかしなきゃだな。
by bhaus | 2004-10-05 21:18 | [映像・画]
急にジャンキーなものが食いたくなる。
a0000104_20555441.jpg

チリビーンズが食べたくてWendy'sへ。
by bhaus | 2004-10-05 20:54 | [携帯更新]
教育の話は一筋縄ではいかない。
あまり私のような人間がブログにちゃらっと書くべきものでもないんだが。

Excite エキサイト:社会ニュース(共同通信)の記事(10月5日付):
「「子どもにも競争原理を」 文科相、学力調査見直しも」

記事中にもある中山成彬文部科学相が言う「もっと子どもたちが切磋琢磨(せっさたくま)する風潮を高めたい」という気持ちはわからいでもない。私自身、好きなことに関してだが切磋琢磨することによってある程度の力はついたと思うし、そのことを続けるモチベーションにもつながったと思う。

昨今の教育事情は詳しくは知らないが「歪んだ平等主義」が子どもたちの「育つ」意欲を阻害しているという話を耳にすることが多い。わかりやすい例で言えば「徒競走で横並びにゴールさせる」というような「勝ち負け」を曖昧にする「教育現場」を指して「そんなんじゃイカン」て言われているんだろう。

一方で「塾では熾烈な争いが行われている」もしくは「受験戦争に打ち勝つために競争力を鍛えられている」から、実際はそんなに平等至上主義ではない、という人もいる。ただ私が思うのは「平等」と「競争」を単に秤にかけることが良いのかというところ。言い方を変えてみようか。

「自己の利益を保持するために他者を排斥する」ような「競争」は要らない。
「自己判断能力や自己責任を全うできない」ようにする「平等」は要らない。

「多くの他者と自分との差異を認めた上で、自ら差を埋めよう、もしくは目標を越えようとする」ような「競争」はアリじゃないか。
「多くの相手を慮って、多幸感をヨリ多くの人間と共有する」ような「平等」はアリじゃないのか。

先に挙げた例では、受験勉強やそれに伴う塾通いは一見「競争」を生み出しているように見えるが、実際は「競争現場を効率良く勝ちぬくためのノウハウ」を教示しているだけであって、アイデンティティーとか個性とか言われるものを伸ばすことはしていない。結果、受験戦争に勝ち残ったとしても、そこには思っていたほどの勝利感はなく、似たような連中が周囲にいることに気付き、「社会生活を円滑に送る」という名目で無気力無関心を装う輩が増えてくる。装っていたつもりが、いつしか本当に「自分で考える」ことができなくなり、最終的には集団心理に同調するしかなくなってしまう。そして、その同調を「平等」と呼び、生きていく上では重要なことだと錯覚する。表現が少々極端ではあるが、そういうことなんじゃないのか。

冒頭に触れた文部科学相の言葉にはそういう意味合いも含まれているんだと感じたら、その人、あるいはその人の子どもは、ちゃんと「切磋琢磨」することができるだろう。もし、単なる「競争原理」しか思い浮かばない人は(それは仕方のないことでもあるとは思うけど)、目先の「競争」や「平等」に囚われて、自分の「個」を押し殺してしまうことになるかもしれない。

このように記事などに取り上げられた「教育問題」について論ずるのは非常に厄介なことなんだが、私が書いたのは飽くまで私の個人的な意見だ。「競争」や「平等」という言葉を使ったが、個人的に望むのは「自分の力で自分の考えを持つことのできる人間を育てる教育環境」なのだ。
by bhaus | 2004-10-05 17:35 | [独白]
私信。ぺぺちーさんへ。
宣伝ありがとう。おかげで何人かそちらから流れてきていただいてます。
by bhaus | 2004-10-05 15:45 | [独白]
構造的には魅力的だが、実際は馴染み辛い眼鏡型ディスプレイ。
かつてオリンパスからは Eye-Trek(アイ・トレック)、ソニーからは Glasstron(グラストロン)なる眼鏡型ディスプレイが販売されていた。PCのモニタ代わりというよりはテレビの代替品だった。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)というものになると、こんなのとかこんなのがあったが、高すぎて実機を見る気にもなれなかった。

AV Watchの記事(10月5日付):
「Mikimoto Beans、仏ingineo製眼鏡型液晶ディスプレイ-解像度320×240ドットの単眼式」

このお手頃価格のHMDの存在を知って驚いたのだが、既に世界中で開発・発売されているHMDを卸販売していたのだな。

「【MIKIMOTO Beans】HMD・ウェアラブル商品ご紹介サイト」

すげーすげー。こんなにあったんだHMD。こんなのかけて街に出かけたら目立つだろうなあ。うひー。かっちょいー。やべー。
by bhaus | 2004-10-05 14:45 | [モノ]
安くなってもそもそもが高いと購入は躊躇するPalm Tungstenの値下げ品。
今の私の生活には正直そんなに必要ないPDA(携帯情報端末)。だが、安くなるとなるとやっぱり気になるもので。

ITmediaモバイルの記事(10月4日付):
「palmOne、Tungsten T5発表」

これは新製品で、まだ日本でも仕入れていないから本文とは直接関係ない。ただ、このタイミングだからなのかサイトがリニューアルしたからなのか、これの前任機種が安くなった。

mobile shop Vis-a-Vis:Palm Tungsten T3(輸入版)

PalmOSを搭載したPDAで日本語対応をしているメーカーはもはやソニー(CLIEシリーズ)だけになってしまった今、純正Palm(palmOne)のPDAは輸入販売代理店などで入手するしかないのだ。
で、ここではサイトリニューアル記念と称して、日本語化キット付属のTungsten T3を60,690円のところ52,500円で販売するという。値引率にして約13.5%だ。それでもデカい値引だと思う。

ただ冷静になると5万円以上の買い物をすることになるわけで。
昔16MBだか32MBだかのメモリーが10万円を軽く越えていた頃、急激に安くなって6万円くらいになった時期があった(今はもっと安いけど)。そのとき思わず「安っ!」と思ったのだが、そもそもの値段が高いということにスグ気付いて購入を控えた経験がある。元の値段が高いけど魅力的な商品は「安くなった」ことだけで購入してしまいそうな罠がある。

ということで、涙を飲んで見送ります。いいPDAなんだけどね、Tungsten。
by bhaus | 2004-10-05 13:30 | [モノ]
キャリア側の思惑は消費者に伝わるのか。
商品デザインに携わるデザイナーは大変だ。幾ら「これは画期的なデザインなんです」と言ってもその商品が売れなければデザイナーの評価はガタ落ちだ。かと言って“売れセン”を狙って万人ウケを目指すと斬新さを求めるのは難しかったりする。企業内アーティストは「サラリーマン」と言えども苦しい戦いを日々送っているのだな、と思ったり。

ITmediaモバイルの記事(10月5日付):
「色の次は素材で勝負~nudioデザインの狙い」

ボーダフォンの狙いでユニークなのは素材感にこだわったところ。昨日もドコモから「柔らかい携帯」が発表されたばかりだが、既にデザイン競争は見た目だけの世界から一歩先に進もうとしているのがわかる。
ただ、難しいのはネットなどに掲載されている画像だけでは素材感がわかりにくいというところ。コアなユーザーはそこらへんのところはわきまえていて、一旦オンライン上で「見た目」や「機能」の評価を下した後、実際に販売店へ趣き、モック(模型)やホットモック(デモ用実機)を触ってインプレッションをネット上にフィードバックするという構造が出来上がっている。

一方、一般のユーザーは雑誌かテレビのCF、電車の吊り広告などから情報を得る。そこもまた見た目の勝負が未だ優勢な世界だが、一頃のクリック&モルタル(オンラインによる宣伝から販売店へ顧客を促すビジネスモデル)よろしく、販売店にまで消費者を行かせる動機を生み出すことができれば、あるいは商戦を勝ち抜くことができるかもしれない。

携帯電話の「手触り」というのは馬鹿にできない話で、その点に着目したボーダフォンのデザインチームは堅実的なデザインをしたと思う。ただ、どんなに優れたデザインをしても消費者が納得する「場」を作り出すことができなければ「机上の空論」を謳ったに過ぎない。

先ずは頑張れボーダフォン。私はauを使うがな。
by bhaus | 2004-10-05 11:49 | [モノ]
スツールの価格相場ってわからんけど。
これは欲しいかも。

「duende Command Sit」

たまたまエキサイトのコンテンツで知ったのだが、見た目はかなり楽しいじゃないか。価格は12,000円とな。果たして高いのか安いのか。でも、これ家にあったら楽しいよなあ。ということでメモ。
by bhaus | 2004-10-05 10:57 | [モノ]
子ども心に気になっていた「シャボテン」
全国的にどの程度知名度があるのかわからんが、静岡県は伊豆半島・伊豆高原大室山ふもとにある老舗のテーマパーク、それが伊豆シャボテン公園だ。

Excite Bit コネタの記事(10月5日付):
「伊豆シャボテン公園、サボテンではなくてシャボテンのワケ」

昭和34年(1959年)に創設されたとは知らなかったが、幼い頃は毎年夏になると訪れていたような気がする。
会社員になってから一回くらい行ったけど、そのときはさびれていたなあ。
でも公式サイトを見る限りでは活性化しているようなので、近い内にバイクで行ってみたいところ。

伊豆とか伊東とか熱海とかあっちの方はユニークなテーマパークが多いな。テーマパークって言って良いものかどうかのものもあるし。
by bhaus | 2004-10-05 10:49 | [独白]
秋の長雨とは言うけれど。
それにしてもよく降り続ける雨だこと。

Excite エキサイト:社会ニュース(共同通信)の記事(10月5日付):
「東日本、東北で大雨の恐れ 低気圧の通過で局地的に」

雨が降り続けると映画『ブレードランナー』の原作(P.K.ディック)「アンドロイドは電気羊の夢を見るか」を思い出す。あれは酸性雨だけどね。
いつまで降り続くんだ、これ。
by bhaus | 2004-10-05 10:36 | [独白]



なんとなくアーカイヴス。
by bhaus
現在、当ブログは更新凍結状態です。経緯はこちらのエントリを参照してください。

メインサイト
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
貧相な最強飯
from B級グルメ食いつくし
タカラ 「フルアクション..
from 湘南のJOHN LENNON..
『地球へ・・・』(1980)
from 【徒然なるままに・・・】 b..
SS「ヴァーチャルハイド..
from 朕竹林 ~ネットはテキストだ~
日本語テスト
from もと読書記録゛(どくしょきろぐ)
1月30日号
from 日刊エキブロ新聞
足跡残しておきますね♪
from お邪魔します☆
au、「Hello Me..
from [K]こあら日記
Apple Specia..
from DESIGN HUB
キヤノン新製品内覧会へ行..
from 衝動買いはやめられない!デジ..
タグ
フォロー中のブログ
山村幸広の一日、一グラム
見てから読む?映画の原作
英国写真とF1
おやじのたわごと
イオリのキエフに住んでる...
映画・読書日記
Yセツリサイタル
TURN!TURN!TURN!
女プログラマってどうよ?
(左)阪神日記
ほれみたことか
読書記録゛(どくしょきろぐ)
自動販売機と地域経済
夢見るかえる 
十勝の空から
★浪花お好み焼き三昧★
「つれづれオオサカ(仮)...
UK Style
しがないOLの日記
裏口
ニ ノ チ カ
英国庭師日記(重度自閉症...
新・日々戦争
宇柳貝四方山話
CX日テレ渋谷
インターミッション~ 幕...
のんびり日記 まんが編
絵日記 一日一絵
奄美大島☆撮影日記
Omorism ;-) ...
ご利用はご計画的に。
香港に居るよ
+0401Fool
英国家族日記
空の俺
飯田和敏,犬飼博士,NK...
海の向こうで。
ネットは新聞を殺すのかblog
:..: めもにっき。:...
地球と宇宙の画像 惑星テ...
明日は、晴れかな。
すぎエモンのITコラム
山崎絵日和 黎明編
直撃を受けているのか!?...
映画監督 横山博人ブログ
今週の東京エイティーズ
おバカなサイトをコレクション
English Haiku
TAKUのなんか言いたい
エキサイト!!廃人クラブ
Miss Keio Co...
かたすみの映画小屋
久遠電脳blog
ペペロンチーノのひとりごつ
はまぞうさん
ボスの日記
移動する羊たちの呟き
横浜エイティーズ
写心楽
でじたる渋谷NEWS
DeepSky(星雲・星...
=この道はいつか来た道=
羊 頭 狗 肉 屋
柳*暗*花*明*
昼食kiss
樹元オリエ公式ブログ『ペ...
Illustrator ...
ニュース・ワーカー
やがて血となり肉となる
.:: 魔改公子的夜星殿...
株式会社ラセンス-カネコ...
shuin
art unit Tin...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism