人気ブログランキング |
bhaus' blog since Feb. 2004
2005年 02月 03日 ( 7 )
キャリアは1セグ放送の価値を打ち出すことができるか。
平たく言えば、携帯電話でデジタル放送を見られる機能のことだ。携帯電話を所有している15歳以上のユーザー300人にアンケートをとったら過半数が「要らない機能」と答えたようで。

ITmedia Surveyの記事(2月2日付):
「携帯向け1セグ放送、魅力を「感じない」が過半数」

確かに携帯電話でテレビが見られなくても困りはしない。イヤフォンをつけなければ視聴できない場所が多いだろうし。増してや1セグ放送は今のところ民放地上波で流した番組を流用するようなことになっているようだし、番組自体に魅力がなければ流行らない機能かもしれない。

ここからは私の勝手な憶測なんだが、以下のような点を訴えたり番組を提供していけば、1セグ放送も魅力的に思われるようになるかもしれないと思うのだが。

1) デジタル放送の魅力は「自分で再放送が見られる」かもしれないところ
サーバー管理側やコンテンツ管理側、課金制度などがしっかり整わないと難しいだろうが、技術的には不可能な話ではない。出先で見たい番組を「頭から」見ることができる、というのは便利ではないか。

2) ミュージックPV番組の充実
自ずと専門番組を流した方が「携帯ならでは」感を出せるような気がする。特に見たり聴いたりして楽しいのはプロモーション・ビデオだ。家で落ち着いてテレビで見るのも良いけど、外出先で見る、見られない場所では聞く、という行為だけでも流行りそうなもんだが。

3) ヴァーチャル番組の制作
これは家で見るテレビではウケるかどうかわからないので専門チャンネルもしくは専門番組にしなければならない可能性が高いが。アイドルなんかとテレビ電話している風に、お店の紹介や色んなものを紹介する番組みたいなのはできないか。で、気に入った商品があったら、そのまま携帯から注文できるの。
女性には男性タレントを見せるのも良いけど、メイク術をテレビで流したり、トレンド商品のショッピング風景を見せるのも効果的ではないか。

4) 朗読番組はどうか
アダルトビデオの世界でも一部人気を博している朗読モノ。あれは官能小説を読ませるというものだが、女子アナに文芸作品を朗読させる番組はどうか。2)でも挙げたが、見ていれば見ているなりに楽しめるけど、見なくても耳で楽しめるコンテンツというのが携帯電話には似合うような気がする。

まあ、携帯番組関係者がここを見ているとは限らないので(携帯電話関係者は見ているらしいけど)、どこまで反映されるかわからんけど。こんなアイデアで良ければ、腐るほど出るぞ。腐ってるかもしれないけどな。
by bhaus | 2005-02-03 19:10 | [サービス]
ドラえもんファンのあなたに。
ドラえもんコラボレーショングッズは結構出ているのだが、個人的には結構好感が持てるものが多い。こういうマンガのキャラクターと異色の分野がコラボレーションすると破綻するケースは多いと思うのだが、何故かドラえもんは許せるのだな。

ITmedia ライフスタイルの記事(2月2日付):
「未来の世界から来た(?)、今度の「ひみつ道具」はiPod Mini」

これなんかもいいじゃないか。色は元々ある色なんだろうけど、ドラえもんブルーと思えばそう見えなくもないし。故・藤本弘先生(藤子F不二雄)が見たら喜んだろうなあ。
by bhaus | 2005-02-03 18:41 | [モノ]
日本語っぽいフィンランド語。
意図しているのかどうかわからんが。製品そのものはとても魅力的だ。

ITmedia PCUPdateの記事(2月3日付):
「コクヨ、「マリメッコ」コラボの“鮮やかデザイン”マウス発表」

マリメッコというのはフィンランドのテキスタイルブランドなんだそうな。カーテンとか絨毯とか作ってんのか。

「マリメッコ(Marimekko)のサイト」

布全般てカンジだな。衣服もあればバッグやベッドカバーなんかもあるね。なるほど。
そのマリメッコとコクヨがコラボレーションして、色鮮やかなマウスを作ったようだが、そのネーミングが日本人にとってちと微妙。
個人的には「ネガフィルムに映る花のシルエットから発想を得たというバラがモチーフになった「Ruusupuu(ルースプー)」」なんかいいなと思ったんだが、これなんかもいいかもと思った「マリメッコを代表するデザインとして愛されるひなげし(ポピー)がモデル」になった一品の名前は強烈だ。

「ウニッコ(Unikko)」

むしろ、「イタリア語で「春の時」を意味する、鮮やかな色で群生するマリーゴールドをモチーフにした「Purimavera(プリマヴェーラ)」」の方が見てくれが「海胆っ子」なカンジだ。
日本の販売担当者におかれましては、パッケージは横文字だけにしておくことをオススメします。

日本人デザイナーもいて、その人がデザインしたものもある。結構カッチョイイんだが、

「マリメッコのメインデザイナーのひとり、石本藤雄氏による、冷めた色使いとは対称的に情熱のメッセージが込められるデザインの「Kuuma(クーマ)」」

日本人デザイナーはネーミングまで担当しなかったのか。「熊なんかどこにもいないじゃないか」とか突っ込まれると思わなかったのか。かっちょよければなんでもいいのか。
by bhaus | 2005-02-03 17:35 | [モノ]
ダラダラしたシステム。
日本語と英語の関係というのは難しいもので。

IT Pro ニュース(日経コミュニケーション)の記事(2月2日付):
「「システムの冗長化が同時多発テロ後の企業の存亡を分けた」,ジュリアーニ前ニューヨーク市長」

私はこの記事ではじめて「システムの冗長化」という言い回しを知った。システム系のお仕事に就かれている人には特に違和感はないのだろうが、私はこの表現から「とてもダラダラしたシステム」を思い浮かべてしまった。
ひいては、杓子定規にアレコレ細かい仕事をするよりも、ダラダラ仕事をこなした方が、いざとなったらリスクは少ない、という話にでもなるのかと思った。

違った。

英語では System redundancy あるいは Redundancy System と呼ぶもので、IT用語辞典 e-Words の用語解説から引用すると、

最低限必要な量より多めに設備を用意しておき、一部の設備が故障してもサービスを継続して提供できるようにシステムを構築すること。

ということなんだそうな。

一方 Redundancy を訳すと「余分なもの」とか「余剰人員」という意味がある。形容詞の redundant にいたっては「余計な」とか「(労働力が)余剰な」という訳もある。確かに「冗長な」という訳もあるが、意味合い的には「余計」や「余剰」が正しいような気がするのだが。

ちなみに「冗長」を goo 辞書(三省堂提供「大辞林 第二版」)で調べると、

「くだくだしく長いこと。無駄が多くだらだら長いさま。」

とある。あまり肯定的な表現ではないよな。でも、その冗長こそが企業の存亡を分けたのだ、というのかと思ったら違ったので残念だった。というお話。
by bhaus | 2005-02-03 17:00 | [技術]
「最近、物忘れが酷くて」と言っている内はまだマシなようで。
本当に危険なのは「物忘れした」ことを忘れている場合だって。
私の場合、微妙なのは「記憶力が弱い」ことは自覚しているけれど、自覚しているだけに「物忘れ」をしても特に動じていないところだな。もう少し記憶力を鍛える訓練をした方が良いのか。
リンク先の記事には、物忘れチェックチャートがあるので、お試しあれ。

nikkeibp.jp 健康の記事:
「思い出せないアナタは“危ない”物忘れ?」
by bhaus | 2005-02-03 10:45 | [独白]
700i というドコモの新シリーズ。
50xシリーズや25xシリーズは終わる終わると言われてまだ終わる気配を見せないが。70xシリーズが投入されるとそこらへんも整理されるのだろうか。

ITmediaモバイルの記事3つ(2月2日付):
「FOMAスタンダードモデル「700iシリーズ」発表」
「「700iシリーズ」の3つの狙い」
「「700i」の機能はどこが違うのか」

FOMAはFOMAのようだが、実際どう違うのか。記事では簡潔に比較されている。以下、記事より一部引用。

ソフトウェアベースは901i。カメラ機能とiアプリは506iレベル──。それが700iシリーズだ。基本機能は900iを上回わるが、「ドラクエ」や「サカつく」「みんゴル」は遊べない。

テレビ電話もメガピクセルカメラ(ただし100万画素台)も着うたもあるが、メモリ量は少ないしFeliCa対応端末もない。価格は901i シリーズより1万円ほど安くなると思われる。いわばFOMAの普及機という位置付けのようで。

記事にも書かれているが、900i 端末の方が700i より機能が良くて安く売られている内は、新しいモノ好きな人以外は900i の方に流れてしまうんじゃないか。結構端末の機能や性能を知らないで携帯端末を機種変更したり新規に購入している人が多いようだし。
この業界、まだまだ「見た目」を意識することが大事なのかもしれない。
by bhaus | 2005-02-03 10:31 | [モノ]
バレンタイン・デイ。
a0000104_9321447.jpg

渋谷マークシティではチョコの出店が。
by bhaus | 2005-02-03 09:32 | [携帯更新]



なんとなくアーカイヴス。
by bhaus
現在、当ブログは更新凍結状態です。経緯はこちらのエントリを参照してください。

メインサイト
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
貧相な最強飯
from B級グルメ食いつくし
タカラ 「フルアクション..
from 湘南のJOHN LENNON..
『地球へ・・・』(1980)
from 【徒然なるままに・・・】 b..
SS「ヴァーチャルハイド..
from 朕竹林 ~ネットはテキストだ~
日本語テスト
from もと読書記録゛(どくしょきろぐ)
1月30日号
from 日刊エキブロ新聞
足跡残しておきますね♪
from お邪魔します☆
au、「Hello Me..
from [K]こあら日記
Apple Specia..
from DESIGN HUB
キヤノン新製品内覧会へ行..
from 衝動買いはやめられない!デジ..
タグ
フォロー中のブログ
山村幸広の一日、一グラム
見てから読む?映画の原作
英国写真とF1
おやじのたわごと
イオリのキエフに住んでる...
映画・読書日記
Yセツリサイタル
TURN!TURN!TURN!
女プログラマってどうよ?
(左)阪神日記
ほれみたことか
読書記録゛(どくしょきろぐ)
自動販売機と地域経済
夢見るかえる 
十勝の空から
★浪花お好み焼き三昧★
「つれづれオオサカ(仮)...
UK Style
しがないOLの日記
裏口
ニ ノ チ カ
英国庭師日記(重度自閉症...
新・日々戦争
宇柳貝四方山話
CX日テレ渋谷
インターミッション~ 幕...
のんびり日記 まんが編
絵日記 一日一絵
奄美大島☆撮影日記
Omorism ;-) ...
ご利用はご計画的に。
香港に居るよ
+0401Fool
英国家族日記
空の俺
飯田和敏,犬飼博士,NK...
海の向こうで。
ネットは新聞を殺すのかblog
:..: めもにっき。:...
地球と宇宙の画像 惑星テ...
明日は、晴れかな。
すぎエモンのITコラム
山崎絵日和 黎明編
直撃を受けているのか!?...
映画監督 横山博人ブログ
今週の東京エイティーズ
おバカなサイトをコレクション
English Haiku
TAKUのなんか言いたい
エキサイト!!廃人クラブ
Miss Keio Co...
かたすみの映画小屋
久遠電脳blog
ペペロンチーノのひとりごつ
はまぞうさん
ボスの日記
移動する羊たちの呟き
横浜エイティーズ
写心楽
でじたる渋谷NEWS
DeepSky(星雲・星...
=この道はいつか来た道=
羊 頭 狗 肉 屋
柳*暗*花*明*
昼食kiss
樹元オリエ公式ブログ『ペ...
Illustrator ...
ニュース・ワーカー
やがて血となり肉となる
.:: 魔改公子的夜星殿...
株式会社ラセンス-カネコ...
shuin
art unit Tin...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism