人気ブログランキング |
bhaus' blog since Feb. 2004
<   2004年 04月 ( 160 )   > この月の画像一覧
リアリティにこだわる子どもだった。
今、原宿でこんなことやっているらしい。この記事を公開する頃までやっているかどうかは知らないけど。

ITmediaライフスタイルの記事(4月24日付):
「CHOGOKIN <超合金> EXPO.2004 原宿で「超合金Z」と「ルナ・チタニウム合金」に触れてきた」

確かに子どもの頃「超合金」という響きには憧れた。ちょっぴり欲しいと思ったことも事実だ。ただ、当時からひねくれていた私は人一倍リアリティにこだわっており、最終的に親にねだるまで至らなかったのだった。

そもそも当時のアニメ、その頃は「テレビマンガ」と称していたのだが、そこに登場するロボットは魅力的だったものの、アニメの世界ならではの「動き」をしており、現実にモデル化したときに、その動きなど到底再現できるものではなかった。あれからアニメも玩具も技術が進歩して、それこそ「アニメならではのポーズ」と思われたものも、実際の玩具でとれるようになっているらしいが、当時はもうそれは「でくのぼう」だらけだったのだ。

これは憶測だが、当時はアニメがあって、そのデザインをもとに玩具にしていたからなのだと思う。最近はまるっきり逆のケースが多く、玩具で変形合体できるようにしたものをアニメだの特撮だのに持ってきていることが多いと聞く。
典型的なのは永井豪原作の『ゲッターロボ』だ。見たことある人はわかるが、あんな変形は先ず不可能だ。最近ではガレージキットで変形を可能にしたものがあるらしいが、少なくとも当時の技術では無理だった。私はそこが気に食わなかったのだ。

またよくあるパターンが「何でもかんでも車輪がついている」というもの。ライディーン
の背中に車輪。マジンガーZの足の裏に車輪。ゲッター1の変形前の飛行形態に車輪。何でも車輪をつけて、それを転がしてさも「飛んでいる」「走っている」状態に見せようとしているのが嫌だったのだ。だってアニメの方にはそんな車輪ついてないんだもん。

現代の子どもたちは、ブラウン管越しに見えるメカと大差ない動きを見せる玩具を手にすることができる。当時の私からすれば羨ましい限りだが、そこにユーザー側の「こだわり」みたいなものが出てこなくなってきているんじゃなかろうか。いや、別にこだわらなくても良いんだろうけど。ただ素直に遊んでいればいいんだろうけどさ。
by bhaus | 2004-04-26 12:35 | [モノ]
そういえばまだ DDI Pocket 解約していなかった。
従来のH"ユーザーからすればかなり魅力的な新機種が登場する。

ITmediaモバイルの記事(4月22日付):
「Operaで、携帯はこうなる――写真で見る「AH-K3001V」」

Operaブラウザが使える携帯電話(PHS)というのは、どこでもネットサーフィンをしたい人間にとっては魅力的だ。しかもH"は通信料が一般の携帯電話に比べて安いから、コスト的にもリーズナブルだ。私も一年ほど前まではメインはH"だったが、ADSLに加入したのとau携帯が魅力的になったのとでH"はお役御免となったのだった。だがまだ解約していないので、毎月の定額料金は払っているという間抜けさ。

カメラが11万画素のCMOSというのが弱いが、待ち受け時間や液晶の解像度などは申し分ないね。とは言えauをメイン機として宣言したばかりだから、やっぱり解約するか。

参考:DDI Pocket サイトの商品紹介ページ「AH-K3001V」
by bhaus | 2004-04-26 11:50 | [モノ]
そんなにOLは小説を読むのか。
なんだかんだで出先でも書き込めるじゃん。
ということで非公開にして書き溜めておきます。仕事しろよ。

OLに限った話ではないが、未だに小説に対しての需要はあるのか。
出版社の経営難話を聞くにつけ「活字離れ」という言葉が浮かんではいたのだが、実際はメディアが変わっただけで、活字のニーズはまだあるのか。

ITmediaモバイルの記事(4月22日付):
「“ケータイで読書”は、「メル友OL」が引っ張る」

ひところ私もPalmで青空文庫などをダウンロードして読んでいたことがある。ただ、結構紙の本を読むのより疲れた記憶があるのだが、携帯電話で読んだらもっとキツくないか。手軽と言えば手軽だけど。
私も今度試しに読んでみよう。

参考:電子書店パピレス

※試してみたが、私のau(BREW対応)では読めなかった。JAVA対応機種だけだ。ちくそー。
by bhaus | 2004-04-26 11:36 | [サービス]
寝る前に一ツッコミ。
exciteニュース(ロイター)の記事(4月25日付):
「シャーロッキアンが謎の死、コナン・ドイルの呪いか」

シャーロキアンというほどではないが、私は探偵モノではポアロよりホームズの方が好きだ。生活スタイルを一部真似たこともあるくらいだ。
ただ、この事件はどうかな。記事より一部抜粋。

コナン・ドイルが死亡した1930年以来、ドイルの作品に関係した数人が急死。死因については「コナン・ドイルの呪い」との見方もある。


そんな見方アリなんだ。ドイル氏は探偵小説よりもファンタジー小説を書きたかったらしいし、書いたこともあるけど、少なくともホームズに「死因は呪いだよ、ワトスンくん」とは言わせないだろうな。

おやすみなさい。
by bhaus | 2004-04-26 00:29 | [独白]
やっぱりGWは何かするぞ。リクエスト募集!
コントの稽古以外に何かするぞ。というと火曜しか残っていないんだけど。
何もなかったら部屋の整理に充てるんだが、何かしたいぞ。特にバイクに乗ってどこかへ行きたいぞ。日帰りで。

ということで、

GW企画募集!

明日から水曜の夜までここには私は書き込めないので、数少ない常連さんたちには「バイクに乗って日帰りで行ってきてやってきて欲しいこと」のリクエストを募集します。あまりコメント多くなさそうだけど。

出発地点は渋谷。時刻はいつでも結構。法に触れない程度なら何でも結構。
バイクは180ccなので一応高速道路も乗れる。別にバイクでなくてもいいぞ。チャリでも「ランニング」でもいいぞ。予算はそんなにないけど、日帰りなら1万〜2万円まで使ってもいいかな。ケチ臭いか。でもその中で何ができるかというのも考えようだ。デジカメは携帯電話に付いている30万画素程度の記録で勘弁してください。

もしまかり間違ってたくさんリクエストがあった場合、道筋として通れるところは全部通ります。たとえば東北方面が多くて関西方面が少なかった場合、申し訳ないけど東北方面にします。自分のコメントが少数派だと察知して、なおかつどうしてもこの企画をこの男にやらせてみたい、という人は、よそから書き込みの助っ人を呼ぶように。

とか書いて一通も来なかったら、部屋の整理をします。本当はそうしていなければいかんのです。現実逃避です。申し訳ない。
by bhaus | 2004-04-26 00:21 | [独白]
最近のことは思い出せないのだが。
エキサイトのトラックバック今週のテーマ:
最近、感動したことは?

正直に書けば「体感ゲームでゲーム小僧たちに勝った」ことか。いい大人が書くような「感動」話でもないな。

えー、「感動」と言えば「涙」なんてキーワードもあるわけでして。ふと「号泣した映画」なんてえものを思い出してみたわけでして。以下、タイトルが思い出せる分だけ「号泣した映画」をリストアップ。

『素晴らしき哉、人生!』
『海の上のピアニスト』
『ライフ・イズ・ビューティフル』

筆頭はこの三本だな。特に『素晴らしき…』は声を出して泣いてしまった。
ただ泣いただけならもっとたくさんあるけど、ちょっと感動要素が入っていたのはこの三本。ああ『アンドリューNDR114』や『天国から来たチャンピオン』もやや号泣気味だったなあ。
一方で「泣いて損した」と思ったのは『A.I.』だ。途中でラストを予想してしまい、そのラストに号泣したのに、ラストが違ったのだ。勝手に想像した私が悪いんだけどさ。

って、ちょっとテーマから外れてますか。
by bhaus | 2004-04-26 00:08 | [映像・画]
恋愛系Weblogを見て思う。
エキサイトの恋愛系Weblogをつらつらと巡回してみた。
恋愛には「出会い」もあれば「別れ」もある。そういう「発生」と「終焉」を書き綴ったものが目立つ。
「発生」においては「発生する前」と「発生した後」の話に大別される。つまり「出会いを求める」ネタと「出会った喜び」ネタだな。「出会いを求める」系が半ば自分探しに近い内容が多いのに対して、「出会った喜び」ネタは、それはもう読んでいて顔から火が出そうなくらい「喜び」と「シアワセ」を表現している。精神的にダウンしている人はこういうWeblogへ訪れてシアワセのお裾分けをしてもらうといい。

また、その「シアワセ」系も「正当派」と「異端派」に分けることができる。前者はヘテロセクシャルな恋愛で、会えないときに相手がどうしているのか気になって仕方がない、とか、喧嘩してしまってごめんなさい、とか、メールが来ないのは一体どういうことかしら、などの、まあ公言しても憚らない内容が多いのに対して、後者の方はいわゆる「不倫」や「同性愛」など世間一般的にはまだまだ容認されない類の内容で、その方々はたとえ「シアワセ」であっても、あからさまにシアワセを表現することは少なく、どこかに後ろめたさのような雰囲気を残している。それが故に、却って「正当派」などがあまり気にしないような些細なことにでも「シアワセ」を感じることができるようで、考え方によっては非常にお得な恋愛をしているのかもしれない。

一方で「終焉」系の話は、もうそれは悲しくて悲しくて、とて〜もや〜り〜きれ〜ない〜♪
意外だったのは、男性より女性の方があっさりと「終焉」を割り切って忘れることができるものだと思っていたのだが、実際はそうでもない方も多く、いつまでも過去を引きずっているのは男ばかりだと思っていた私に新たな認識を与えてくれた。やはりアレだな。「好き」という思いや「愛」が良くも悪くも強すぎると、それが終わってしまった後もエネルギーの落ち着きどころがなくなってしまって、引きずってしまうということなのかな。愛の自縛霊状態とでも言おうか。それ以上に「好き」な人やコトやモノがない限り、気を紛らすことができないものだ。Weblogに書き綴れば気が紛れるかというと、そうでもないような気がするが、実際のところはどうだろう。

まあ、こんなこと分析しても何も始まらないのだが。
by bhaus | 2004-04-25 23:39 | [独白]
部屋の整理もままならぬまま。
耐えきれずCDを買ってしまった。何に耐えきれなかったのかはともかく。
でもシングルCD2枚で我慢したぞ。

1枚目は3月に発売された石野卓球の“The Rising Suns”
今年は立て続けにニューアルバムを数年ぶりに発売したとして話題になっている石野卓球だが、この曲はそのアルバム中の曲の中でも異質で、視聴して気に入ってしまった私はアルバムを買わずにシングルを購入したのだった。何というか、突き抜ける嘘臭い爽やかさというか。明るいんだよ、とにかく。

もう1枚は、メジャーなのかマイナーなのか知らないが、FIRE BALLという横浜出身のレゲエバンドの4月21発売最新シングル“UNDER THE BLUE LIGHT ハマのテーマ”
お店には「レゲエ」ってあったのでレゲエなんだろうけど、私はそもそもレゲエミュージックはあまり好きではない。あのけだるさというか脱力感というか、テンポの速いレゲエもあるにはあるんだが、どうもあのリズムに馴染めないのだ。だがこのバンドはちょと違う。ひょっとしたらレゲエじゃないのかも。単なるラップとも違う印象。とにかくパワフル。それでいて歌詞がちょっとお茶目。横浜という場所に私はあまり良い想い出はないのだが、この曲は別だ。ちょっと横浜を見直してしまったくらいだぞ。

いずれもハイテンションな曲だ。お店で視聴できるようだったら聴いてみて。かっちょいいから。

※二つともCCCD(コピーコントロールCD:PCなどで複製・再生ができないCD)だけど私はMacなのでお構いなしにiTunes行き。
by bhaus | 2004-04-25 22:41 | [音]
昔似顔絵を描いていたことがあった。
a0000104_222418.gif高校の頃の学園祭で似顔絵を描いていた。
男子校だったので、当然可愛い女性の似顔絵には2時間くらいかけていた。普通の人なら時間かかっても15分くらいで描けるところをだ。
ああ、甘酸っぱい想い出。
でも、ネが真面目なもんですから、そこで口説くなんてことはできず、似顔絵の出来ばかり気にしていたのであった。青い。青いぞ自分。青すぎるぞ。

最近では便利なサイトがあるようで。
「似顔絵イラストメーカー - オンラインで画像制作 -」

色んなところでこのサイトで作った似顔絵を見かけるが、大概カワイイものかカッコイイものしか見かけなくて、なんだいそういうパーツしかないのかい、と思ったらさにあらず。確かに激似させるわけにはいかないが、結構雰囲気を似せることはできるようだぞ。

この画像、自分では似ていると思うが、私を見たことある人のコメント求む。
強いて足りないところと言えば「年齢」と「髭」かな。青髭危機一髪だからな、私は。

こうして見ると、なんか「アザラシ」ぽいな。そんなにカワイイもんでもないけど。

※さっき鏡見てきたら、もっと怖い顔してた。
by bhaus | 2004-04-25 22:21 | [サイト]
37歳のオッサンがやるゲームでもないだろうが。
運動不足解消にゲーム、という私の発想も安易だが、久しぶりに変な汗をかくゲームをしている。

「SEGA Ollie King」

最初間違えて「オイリー・キング」って読んじゃって「脂性の王様」とか思ってしまった。正しくは「オーリー・キング」と読むらしい。
平たく言えばスケボー・ゲームね。トリック出すとスピードも増して、レースに勝てる、というごくシンプルな構造。
スケボー型コントローラーに両足を載せて、疑似スケボー体験をするのだな。
もうこれがシンプルなゲームだから、ノーマル・モードでスグ1位になれたりするのだな。だもんだからもう嬉しくって何度もやって、しまいにゃ汗かく始末。

コースはサンフランシスコ(難易度・低)、ロンドン(難易度・中)、京都(難易度・高)の3コース。これにキッズモード(イージー)、ノーマルモード(ノーマル)、エキスパート(ハード)の3モードが掛け合わされる。ワンコイン・ワンステージなのが少々物足りないが、一回約3分前後スケボーコントローラーの上でバランスとっていると何か楽しくなってくるのだ。

これは何かの運動の代わりになっているだろうか。

※グラフィックの雰囲気がどこかで見たことあると思ったら『ジェットセットラジオ』のチームが参画していたのね。なるほど。
by bhaus | 2004-04-25 19:42 | [ソフト]



なんとなくアーカイヴス。
by bhaus
現在、当ブログは更新凍結状態です。経緯はこちらのエントリを参照してください。

メインサイト
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
貧相な最強飯
from B級グルメ食いつくし
タカラ 「フルアクション..
from 湘南のJOHN LENNON..
『地球へ・・・』(1980)
from 【徒然なるままに・・・】 b..
SS「ヴァーチャルハイド..
from 朕竹林 ~ネットはテキストだ~
日本語テスト
from もと読書記録゛(どくしょきろぐ)
1月30日号
from 日刊エキブロ新聞
足跡残しておきますね♪
from お邪魔します☆
au、「Hello Me..
from [K]こあら日記
Apple Specia..
from DESIGN HUB
キヤノン新製品内覧会へ行..
from 衝動買いはやめられない!デジ..
タグ
フォロー中のブログ
山村幸広の一日、一グラム
見てから読む?映画の原作
英国写真とF1
おやじのたわごと
イオリのキエフに住んでる...
映画・読書日記
Yセツリサイタル
TURN!TURN!TURN!
女プログラマってどうよ?
(左)阪神日記
ほれみたことか
読書記録゛(どくしょきろぐ)
自動販売機と地域経済
夢見るかえる 
十勝の空から
★浪花お好み焼き三昧★
「つれづれオオサカ(仮)...
UK Style
しがないOLの日記
裏口
ニ ノ チ カ
英国庭師日記(重度自閉症...
新・日々戦争
宇柳貝四方山話
CX日テレ渋谷
インターミッション~ 幕...
のんびり日記 まんが編
絵日記 一日一絵
奄美大島☆撮影日記
Omorism ;-) ...
ご利用はご計画的に。
香港に居るよ
+0401Fool
英国家族日記
空の俺
飯田和敏,犬飼博士,NK...
海の向こうで。
ネットは新聞を殺すのかblog
:..: めもにっき。:...
地球と宇宙の画像 惑星テ...
明日は、晴れかな。
すぎエモンのITコラム
山崎絵日和 黎明編
直撃を受けているのか!?...
映画監督 横山博人ブログ
今週の東京エイティーズ
おバカなサイトをコレクション
English Haiku
TAKUのなんか言いたい
エキサイト!!廃人クラブ
Miss Keio Co...
かたすみの映画小屋
久遠電脳blog
ペペロンチーノのひとりごつ
はまぞうさん
ボスの日記
移動する羊たちの呟き
横浜エイティーズ
写心楽
でじたる渋谷NEWS
DeepSky(星雲・星...
=この道はいつか来た道=
羊 頭 狗 肉 屋
柳*暗*花*明*
昼食kiss
樹元オリエ公式ブログ『ペ...
Illustrator ...
ニュース・ワーカー
やがて血となり肉となる
.:: 魔改公子的夜星殿...
株式会社ラセンス-カネコ...
shuin
art unit Tin...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism