人気ブログランキング |
bhaus' blog since Feb. 2004
<   2004年 05月 ( 201 )   > この月の画像一覧
コレクターという人種の凄まじさよ。
欲しい人いるか。

Yahoo!ニュース(スポーツニッポン)の記事(5月26日付):
「“だ液つき”シュワちゃんのあめ115万円」

本当に舐めたものかどうかわからないものに115万円を払うというコレクターというのはすごいね。競り落としてどうするつもりなんだろう。舐めるのか。飾るのか。転売するのか。

DNA付なら何かに使えるのか。あんなにムキムキになりたいのか。
やっぱり男はムキムキなのか。しかもインテリ。インテリムキムキ。

仮に市場を日本に限定した場合、目の前で本人が舐めて袋に包んでオークションに出したら、誰ののど飴が高くつくか。やっぱりペ様か。

そもそもスポーツ紙の記事とは言え「シュワちゃん」扱いなんだな。
by bhaus | 2004-05-26 13:18 | [芸能]
子どもにはジャズは合わないと思っていた。
むしろジャズを大人のものだけと考えること自体がおかしかったのかもしれない。
この若き日本人女性サキソフォニストの奏でるジャズに驚いた。

「矢野沙織」

若いせいか、音に「遊び」のようなものや「年輪」みたいなものは感じられないが、それでもかなり「聴かせる」ジャズではないか。
私は専らフュージョン派なのでジャズを語ることなど言語道断なのだが、そのレベルの人間からすると、このコは天才なんじゃないかと思ったり。

背も高いんだって。モデルもいけそうだね。
by bhaus | 2004-05-26 03:56 | [音]
エラいことになっている。
今週末のコントライブ、予約が殺到している。
小さいアトリエなので、あっという間に満杯になる。
今まではまだちょっと余裕があったのに。
今回は土曜の分は昼も夜も完売だ。
日曜はまだ若干残っているが、このままだと果たしてどうなってしまうのだろう。

ということで、ここ見ている人で予約した人も若干名いらっしゃるのでご報告。
当日はお早めにご来場くださいね。開演過ぎて来られると、下手をすれば入れないかもしれなくなります。ごめんなさい。読みが甘すぎでした。
by bhaus | 2004-05-26 01:46 | [独白]
女性進出はこんな世界にも。
既に「女性進出」という表現自体古臭いのだが。

「タカラホビー.com ミクロマン2004 ミクロレディ-シリーズ」

先日コントライブのプロデューサーの家へ行ったら、最新のミクロマンを見せてもらった。フィギュアや可動メカ玩具が好きな彼は色々な解説をしてくれたが、その世界に疎い私にも理解できたのが、

「大概のポーズがとれる」

ということだった。昔のミクロマンがとれるポーズには限りがあった。そこを子どもながらに想像力で補ってきたわけだが、今のミクロマンは想像したポーズなら大概再現することができるのだ。なるほど、玩具の世界も進化しているということなのだな。

そんな折にミクロレディーだ。ミクロとは言え、人間ではないと言え、あんなポーズやこんなポーズがとれてしまうのだ。ミクロマンとミクロレディーをあんなことやこんなことしてデジカメにおさめてサイトにアップする輩も出てくるんだろうな。何か一線を越えてしまったんだな、玩具の世界も。
by bhaus | 2004-05-25 17:59 | [独白]
どれだけ色数を再現すれば良いのだ。
モノクロディスプレイの時代からワークステーションやらPCやらに触れている者としては、いわゆる「コンピュータ系」の進化には日々驚かされるわけで。
8色表示が可能になって「色がついた色がついた」と喜んでいたのも束の間、16色になり64色になり、あっという間に3万2000色になって「物凄いスピードで進化しているなあ」と思ったものだった。

デジタルARENAの記事(5月20日付):
「パイオニア、57億5000万色の表示のハイビジョンプラズマTV」

もはや色の数ではないぞ、これは。
私がMacを販売していたときに「1670万色表示可能」なディスプレイが登場して、もはや人間の認知力を越えたと言われていたのだ。数字としては迫力があるが、私もお客さんに「このディスプレイは1670万色表示できるんです」と言って笑いそうになったことがある。自分で言っておきながら、その数字が冗談みたいに思えたのだな。

その頃になると「フルカラーって何色だ」という状態になっていた。ついこの前まで「フルカラー表示が可能です」と言っていたのに、しばらくするとそれを遥かに越える色数を再現するモニタが出てしまうのだ。「ファインカラー」だの「スーパーファイン」だの「ハイレゾ」だの色々言っていたのだが、57億色までくるとそんなありきたりな表現では済まされないことになってしまう。

「ウルトラスーパーエキセントリックマジリアルゴージャスカラー」くらいで。もうこれ以上は勘弁して。
by bhaus | 2004-05-25 17:45 | [技術]
どんなものでも奥深い世界はあるもので。
a0000104_13756.gif気付けば1万カウント突破。1万ちょうどでキャプチャリングしたかったのにタイミング逃しちゃった。10,002だって。ブログタイトルも「一万二」に変えようかと思ったけど、余計に何のブログだかわからなくなってしまうから却下。いや、元々わからんけどさ。

ということで、メジャーブログに遅れること数週間。地道に通っていただいた皆様に感謝します。We are not alone.

そのままいきなり別の話題にいくが。
たまたまよく見るサイトで見かけた特集ページ。

「世界のケーブル大百科」

大百科だぞ大百科。「ケーブルカー」ならまだしも、単なるケーブルの話だ。オーディオ・ヴィジュアル系のケーブルの話ね。それの大百科。大百科って聞いただけでワクワクしてしまうんだが。
以前もちょっと高めのヘッドフォンを買うときに「インピーダンス」だの「ハウジング」だの聞いてチンプンカンプンだった私だが、ケーブルに特化すると更にすごいことになっている。なんてったって大百科だもん。以下一部抜粋。

同モデルには600本以上に及ぶ超高純度低温処理銅材を使用した純粋リッツ導電線をミクロレベルの超薄絶縁体により絶縁させた導体を採用している。このことによりクロストークと、磁化発生のEMF(電磁フィールド)を最低限に抑えることができるのである。


なんとなく絶縁したところくらいまではわかるような気もする。なんかすごい処理を施して「これ以上絶縁できないほど絶縁しちゃった」感は伝わる。ただ、その後のクロストークとかEMFがさっぱりわからん。「電磁」ってだけでもコンバトラーVの超電磁ヨーヨーくらいしか思い浮かばない。

構造に関しても、ケーリン・ガブリエルは高級パワーケーブルなどに応用されている螺旋状の特殊編み上げ構造である90度交差のカウンター回転螺旋法によってキャパシタンスやインダクタンスを最低限度に減少させるマトリックス・ジオメトリーを考案し、米国特許6242689を取得している。


ケーリン・ガブリエルさんて人が特許を取ったってことはわかった。キャパシタンスとかインダクタンスがわからない。まあ、専門用語とはそういうものだが。
バイクやクルマに乗らない人がエキゾーストノートなんて聞いてもわからんし、音楽に疎い人がフォルテッシモと聞いても大友康平が熱唱するイメージしか湧かないのと同様だ。

そういうまったくわからない世界って、何かミステリアス。結構好き。
by bhaus | 2004-05-25 13:08 | [技術]
和テイスト。
昨日入った店以外にもたくさん“和”のモダンな店があるようで。

「ZEN 茶' fe」(東京・日本橋のみ)
「kEN'S DERI&CAFE」(新宿東口のみ)
「SOLVIVA」(大阪・阿倍野、南船場、ほか)
「Green Bird」(四谷のみ、店舗展開予定アリ)
「ony」(南青山、銀座、ほか)

どうでもいいが、全部横文字じゃねえか。まあ、いずこも美味しそうだからいいけど。
味噌汁の店とかいうと、伊東の方にある海女の小屋を思い出すが、こういうバリバリに和な名前の店は出ないのか。外国人向けか。国際戦略なのか。
by bhaus | 2004-05-25 11:46 | [サービス]
懐かしのテレビマンガ。
テレビマンガだけでなく特撮番組もあるのだが。
DVD食玩も様々なものが出てきているが、今朝はコンビニエンスストアでこれを買ってしまった。

「DVD探偵団 第1弾」(※リンク先はトイザらス・オンラインショッピング)

8cmDVDに収録されているのは下記の作品の主題歌+第1話を15分に編集したもの。
『エイトマン』
『スーパージェッター』
『宇宙少年ソラン』
『冒険ガボテン島』
『あしたのジョー』※これだけ第14話
『スペクトルマン』
『怪傑ライオン丸』
『おれは鉄兵』
『まいっちんぐマチコ先生』

私としては『スーパージェッター』が入手できればそれで充分だ。『エイトマン』も捨て難いがリアルタイムに見ていたものでもないので特に思い入れはない。そんなこと言ったら『スーパージェッター』もそうなんだが、再放送をかなり見ていたので、これだけは手に入れたいものだ。

ということで、今朝買ったのだが、中身は『宇宙少年ソラン』だ。悪くない。第2弾あたり『サイボーグ009』のモノクロ版とか『レインボー戦隊ロビン』とか収録して欲しいなあ。『スカイヤーズ5』とかでもいいなあ。

ちなみにシークレットは『鉄人28号(実写版)』だそうな。懐かしモノ番組で流していたな。ここ近年の作品では『ロボコップ2』を彷彿とさせる作品だぞ。

※同じコンビニに「世界の艦船2」が売っていた。危うく買うところだった。ほとんど買うところだった。
by bhaus | 2004-05-25 10:18 | [独白]
これは果たして男の子用なのか女の子用なのか。
食玩は未だにコンビニエンスストアの一角を占めているぞ。
今日なんて家の近くのコンビニエンスストアでこんなのを見た。

「セーラームーンコレクション」
「プリキュアドール」
「東映アニメ ヒロインコレクション」
「キューティーハニーSMFC」

パンツ丸見えじゃないか。いいのかそんなことで。お父さん情けなくて涙出ちゃうよ。
男の子はこれを買いなさい。

「タイムスリップグリコ 鉄人28号編」

どうだ、これは。無茶苦茶かっちょいいじゃないか。
男の子はこういうものに興奮しなさい。
by bhaus | 2004-05-25 03:28 | [独白]
ゲームならではの楽しみ。
車のゲームである。元々は海外のゲームらしいのだが。

「BURNOUT2 POINT OF IMPACT」

競うことは競うのだが、競うのはスピードというよりも「如何に無茶したか」を競うゲームである。「如何にドリフトしたか」くらいなら今時のレースゲームのボーナスポイント要素として既にあるのだが、「如何に逆走したか」とか「如何に逆走して向かってくる車の間をすり抜けたか」なんかで競うっていうのは初めて見た。極めつけはクラッシュ・モード。衝突事故の被害総額を表示するゲームはあったが「如何にクラッシュするか」を競うゲームは初めて見た。これは身内や自分自身に交通事故経験者がいる人にはオススメできる代物ではない。

しかしだ。そうでない人にはかなりのストレス発散ゲームになるかと思われる。
試しにリンク先の「クラッシュシーンコンテスト」を見てみるといい。4月に発売されたばかりなのにかなりの応募があったようだぞ。

今週末が本番でなかったら、TSUTAYAに買いに行っていたよ。これ。
by bhaus | 2004-05-24 23:03 | [ソフト]



なんとなくアーカイヴス。
by bhaus
現在、当ブログは更新凍結状態です。経緯はこちらのエントリを参照してください。

メインサイト
検索
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
貧相な最強飯
from B級グルメ食いつくし
タカラ 「フルアクション..
from 湘南のJOHN LENNON..
『地球へ・・・』(1980)
from 【徒然なるままに・・・】 b..
SS「ヴァーチャルハイド..
from 朕竹林 ~ネットはテキストだ~
日本語テスト
from もと読書記録゛(どくしょきろぐ)
1月30日号
from 日刊エキブロ新聞
足跡残しておきますね♪
from お邪魔します☆
au、「Hello Me..
from [K]こあら日記
Apple Specia..
from DESIGN HUB
キヤノン新製品内覧会へ行..
from 衝動買いはやめられない!デジ..
タグ
フォロー中のブログ
山村幸広の一日、一グラム
見てから読む?映画の原作
英国写真とF1
おやじのたわごと
イオリのキエフに住んでる...
映画・読書日記
Yセツリサイタル
TURN!TURN!TURN!
女プログラマってどうよ?
(左)阪神日記
ほれみたことか
読書記録゛(どくしょきろぐ)
自動販売機と地域経済
夢見るかえる 
十勝の空から
★浪花お好み焼き三昧★
「つれづれオオサカ(仮)...
UK Style
しがないOLの日記
裏口
ニ ノ チ カ
英国庭師日記(重度自閉症...
新・日々戦争
宇柳貝四方山話
CX日テレ渋谷
インターミッション~ 幕...
のんびり日記 まんが編
絵日記 一日一絵
奄美大島☆撮影日記
Omorism ;-) ...
ご利用はご計画的に。
香港に居るよ
+0401Fool
英国家族日記
空の俺
飯田和敏,犬飼博士,NK...
海の向こうで。
ネットは新聞を殺すのかblog
:..: めもにっき。:...
地球と宇宙の画像 惑星テ...
明日は、晴れかな。
すぎエモンのITコラム
山崎絵日和 黎明編
直撃を受けているのか!?...
映画監督 横山博人ブログ
今週の東京エイティーズ
おバカなサイトをコレクション
English Haiku
TAKUのなんか言いたい
エキサイト!!廃人クラブ
Miss Keio Co...
かたすみの映画小屋
久遠電脳blog
ペペロンチーノのひとりごつ
はまぞうさん
ボスの日記
移動する羊たちの呟き
横浜エイティーズ
写心楽
でじたる渋谷NEWS
DeepSky(星雲・星...
=この道はいつか来た道=
羊 頭 狗 肉 屋
柳*暗*花*明*
昼食kiss
樹元オリエ公式ブログ『ペ...
Illustrator ...
ニュース・ワーカー
やがて血となり肉となる
.:: 魔改公子的夜星殿...
株式会社ラセンス-カネコ...
shuin
art unit Tin...
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Skin by Excite ism